2019年08月26日
石井くるみの民泊最前線

市街化調整区域での民泊可否はどう判断する

石井くるみの民泊最前線

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

しかし、本来は「属人性がある住宅」であるにもかかわらず、そこに住むべき許可を受けた特定の権利を受けた人がいなくなってしまった空き家などで、住宅宿泊事業(民泊)を営業することは、本来の許可を受けた内容と住宅の使い方が異なるので、認められません。


以上により、市街化調整区域内における住宅宿泊事業(民泊)の営業の可否判断は、その住宅の『属人性の有無』を確認することであるということがわかりました。では、『属人性の有無』はどのように見きわめることができるのでしょうか?


次回は、市街化調整区域に建築されている住宅の『属人性の有無』の判断について解説します。



最初から読む

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 107

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧