2020年03月30日
石井くるみの民泊最前線

民泊事業からの撤退・・・・許可を受けたまま住宅への転用はできるのか?

石井くるみの民泊最前線

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

民泊事業からの撤退・・・・許可を受けたまま住宅への転用はできるのか?

カピバラ好き行政書士 石井くるみさんが民泊を始めとした宿泊関連ビジネスの最新情報を紹介します。新型肺炎(新コロナウィルス)の影響はついにオリンピック、パラリンピックの延期にまでなりました。民泊・宿泊事業の壊滅的な影響が続いています。撤退も含めて、あらゆる選択しを考えるときでしょう。(リビンマガジンBiz編集部)



画像=PIXABAY


全世界的に収束の目途が立たない新型コロナウイルスの感染の問題。ついに今夏に予定されていた東京五輪の延期が発表されるという、数カ月前は予想すらできない出来事が現実に起きています。


ホテル・民泊などの宿泊施設は大打撃を受け、事業から撤退する事業者も現れています。そんな中、当事務所に急増している相談は、「旅館業に基づく許可を受けた施設を、賃貸で運用できないか?」というものです。


今後もしばらく需宿泊要の回復は見込めないので、ニーズが回復するまでの1~2年間は、民泊経営を行わず、住宅として使いたい(賃貸物件として運用する)という考えです。


旅館業の営業を継続したまま、住宅として使用させる(ここでは、賃貸人と賃借人の間で普通賃貸借契約を締結することを想定)ことはできるのでしょうか?本稿では、旅館業法に基づく許可を受けた施設を賃貸で運用する場合の手続と運用方法(契約形態)を考察します。



旅館業とは何か?-旅館業と賃貸業の違い-


まず、そもそも「旅館業」とは一体どういうものでしょうか?旅館業法では、「旅館業」とは、旅館・ホテル営業、簡易宿所営業及び下宿営業」と定義づけられており、これらの共通点は「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」であるということです。「宿泊」とは、「寝具を使用して施設を利用すること」とされています。厚生労働省は、生活の本拠を置くような場合(例:アパートや間借り部屋など)の貸室業・貸家業であって旅館業には含まれないと見解を示しています。そして、旅館業を経営するもの(営業者)は、都道府県知事等から旅館業の営業許可を受ける必要があります。


「宿泊させる」旅館業の営業者には、衛生管理の責任がある。

旅館業の営業許可は、営業者が行政から受けるものであるため、部屋の利用者との間において、宿泊契約と賃貸借契約のどちらを締結するかは、直接的には旅館業の営業許可とは関係がないようにも見えます。


しかし、旅館業の営業許可を受けるためは、法令や地域の条例が定める換気、採光、照明、防湿、清潔等の構造・衛生基準に従っていなければならず、旅館業の営業者は、衛生的な宿泊施設を宿泊者に提供しなければならないとされています。これは、「公衆衛生の向上」を目的とする旅館業法の趣旨からも明らかです。


借地借家法が適用される賃貸借契約と旅館業の葛藤

他方、賃貸借契約とは、{当事者の一方がある物の使用及び収益を相手方にさせることを約し,相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって効力を生ずる契約}のことをいいます(民法第603条)。さらに、建物の賃貸借については、民法の特別法である借地借家法が適用されます。借地借家法は、賃借人を強力に保護するための法律であり、賃貸人に正当事由がなければ、建物賃貸借契約は法定更新され、賃貸借は終了しない旨などを定めています。(賃借人に不利な特約を定めてた場合は無効となる)。


建物の賃貸借契約を締結して物件の引渡しを受けた賃借人は、当該物件について「独立の排他的占有」を確保します。つまり賃借人には、契約の範囲内で自由に賃貸物件を利用し、また、他人が勝手に賃貸物件に入ってくることを防止・排除する権利が認められます。たとえ特約を結んだ場合であっても、貸主が無断で立ち入ることは違法とされる可能性が高く、民事・刑事の法的責任を追及される可能性があります。


しかし、前述の通り、旅館業の営業者は、旅館業の施設を衛生基準に従って維持・管理する責務があります。また、許可を与えている都道府県知事は、旅館業施設の衛生管理について、報告徴収、立入検査を権限が与えられています。



衛生管理という重大な任務


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 386

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧