こんにちは、ファイナンシャルプランナーの宮崎真紀子です。

ライフプランのご相談に来られたWさん(63歳)。
賃貸マンションのオーナーをされていますが、
売却する方向で不動産業者に依頼しているとのことでした。
都内にある物件は駅から徒歩3分で、立地は抜群です。


【地震が心配なので売却したい】
まとまった資金が必要という状況ではないのに、売却するのは何故?と疑問に思いました。
賃貸を始めて約10年だそうですが、ここ3年ほどは、短期間で退去されることが多く、
①空室期間があること
②リフォーム費用がかかること
に悩まされているそうです。今回も突然の退去だったそうです。
そんな折、不動産業者から売却を勧められたそうです。
加えてWさんに売却を決心させたのは地震の心配です。
この物件、耐震の強度はクリアしていますが、築年数が古いのです。

老後の生活を考えると、家賃収入は魅力的です。
不動産の売却で得た資金を運用すると言っても、リスクを伴います。
Wさんは不動産オーナーをされていますが、
過去に株式運用に失敗した経験があるので、
資産運用に前向きにはなれないとのことでした。
売却を止めて賃貸を続けたら如何でしょう?
という提案を考えたのですが、「地震が不安」と言われてしまっては、

不安を払しょくすることは出来ませんでした。





【選択を変更したのは家族の気持ち】
マンションの売却を決めてから2か月が経ちました。
残念ながら希望の金額では買手が見つかりませんでした。
老後資金を考えると値下げの決心がつきません。
思い悩んでいるところに、事態は急展開しました。

Wさんには一人息子さんがいます。
このマンション、元々はWさん親子が住んでいた物件だったのです。
思い出の詰まったマンションです。
値下げしてまで手放すことに、彼は反対しました。
今、彼は一戸建てに家族4人で住んでいますが、
子供たちが巣立った将来は、そのマンションに住むことも視野に入れたい~
と言い出されたのです。
彼がマンションに戻るのは、今から10年以上先になります。
もし思い出の詰まったマンションでなかったら、
この気持ちにはならなかったと思います。

こうして、今回の売却は見送られました。
「思い出」の力、恐るべし~と思いました。


【将来の相続も考える】
昨今は、実家が空家となる問題も起こっています。
Wさんの息子さんは、将来住み替えたい~という希望ですが、
相続まで考えて親子で話し合うことも必要です。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 356

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧