住宅ローンの繰上返済は、ローンを組んだ誰しもが検討する手段でしょう。



〇繰上返済は、利息軽減効果がポイント!


繰上返済とは、毎月の返済とは別に、借入額の全額または一部を返済する方法です。通常の返済では、元金分と共に利息部分も返済しますが、繰上返済の場合、返済額のすべてが現金の返済に充当されます。つまり、無駄な利息を支払わなくてよくなるのです。この効果のことを、利息軽減効果といいます。



〇「期間短縮型」と「返済額軽減型」のうち、おトクなのは・・・


繰上返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類があります。「期間短縮型」は繰上返済を行うことにより、返済期間が短くなります。毎月の返済額は変わりません。一方、「返済額軽減型」は、期間は短くなりませんが、毎月の返済額を引き下げることができます。


「期間短縮型」と「返済額軽減型」を比較すると、利息軽減効果は「期間短縮型」の方が大きいため、おトクといえます。



宝くじが100万円の当たった!繰上返済をしたときの効果は!?


下記の条件で、「期間短縮型」で100万円の繰上返済を行った場合を考えてみましょう。


<条件>

返済方法:元利均等

借入金額:3,000万円

返済年数:35年

返済開始年月:2017年1月

利率(年):3%

ボーナス返済:無し




〇1年ごと30年後の繰上返済の効果は、10倍以上違う!


1年後に100万円の繰上返済を行った場合、その利息軽減効果は、約167万円になります。100万円の繰上返済をすると、利息が167万円支払わなくてよくなります。

同様に、30年後に100万円の繰上返済を行った場合の利息軽減効果は、約15万円になってしまいます。

図を見ていただければ、その効果の違いを理解していただけるでしょう。


1年後と30年後に100万円の繰上返済を行ったときの、利息軽減効果の差は10倍以上あります。効率的な繰上返済を行うときに大切なのは、返済開始後、いかに早く行うかにかかっています。



〇利息軽減効果を最大限に活用するテクニックとは!


もし可能であれば、1年後といわず第1回目の返済開始時に繰上返済を行うのが、最も利息軽減効果が大きくなります。

これはどのような行為を意味しているのでしょうか。


それは、頭金を増やす行為に他なりません。頭金を増やすことこそ、最高の利息軽減効果を享受することができるのです。

物件価格の100%を借り入れできるローンもありますが、これでは、大きな利息軽減効果を受けることはできません。


頭金をしっかり貯めることこそ、重要なのです。




  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 649

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧