2019年01月10日
【PR】株式会社NewsTV

「女性専門」「投資物件に強い」…ストロングポイント伝わっていますか?

【PR】株式会社NewsTV

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



女性専門」「投資物件に強い」「○○市の売買で1番の実績」など、他よりも突出したひとつの「強み」、いわゆるストロングポイントを持っている不動産会社、特に中小不動産会社は多い。


全国に名が通っているごく一部の大手総合不動産会社とは一線を画すため、地域限定・絞ったマーケット・性別特化など、よりニッチなストロングポイントを持つことで差別化を図るのだ。


では、そのストロングポイント、一般消費者にきちんと伝わっているのだろうか。


女性専門の不動産=あなたの会社

ワンルーム投資に強い不動産=あなたの会社


など、ストロングポイントを純粋想起させることは決して簡単ではない。

不動産業界は、差別化が困難で新たなブランディング戦略を考えなければならない。そこでNewsTVが提供する「ビデオリリース」を紹介しよう。「ビデオリリース」は、不動産会社のストロングポイントを効率良く伝えることができる。いったいどういうことだろうか。



不動産業界においてストロングポイントが重要な理由

「純粋想起」獲得が大きな成果を生む!


ストロングポイントを一般消費者にきちんと刷り込む


消費者が、製品やサービスカテゴリに関する手がかりを与えられたとき、特定のブランドや企業を想起することを「純粋想起」という。




国産自動車と言えば…

ハンバーガーと言えば…

お値段以上の家具屋と言えば…

アルバイトを探すなら…

ネット通販サイトと言えば…


これらのキーワードから、皆同じような企業を想起するのではないだろうか。

これが純粋想起であり、ブランディングの力だ。


不動産業界も同様で、例えば「○○市の売買と言えばこの不動産会社」「30代女性専門はあの不動産会社」という純粋想起を得ることができれば、集客や認知に絶大なる効果が発揮される。


しかし、不動産業界と一般消費者の接点は限りなく少ない。

マスメディアでの広告宣伝などを行っている大企業であれば、消費者からある程度の認知を獲得している。しかし、中小・地場不動産会社となると、「どうやってニッチなストロングポイントの認知を得ることができるのか」その手段に悩むはずだ。


ブランディングは、これまで不動産会社が得意としていた紙チラシのポスティングや新聞折り込みなどとは相性が悪い。物件チラシのすみに「○○に強い」といった文面を入れたとしても、期待した効果は見込めないだろう。ブランディングにもほど遠い。


HPにストロングポイントを記載したとしても、それによって検索順位が向上するなどの恩恵があるのはごく一部だけだろう。


こういったケースにおいて、NewsTVの「ビデオリリース」が本領を発揮する。



ビデオリリースへのお問い合わせはこちら



「ビデオリリース」が可能にした。

不動産会社のストロングポイントを低コストで効果的に伝える方法


先述した純粋想起を獲得している企業は、いずれも大手で莫大な広告費をかけている。


断続的なテレビCMや、マス広告の大量出稿などによって広く知ってもらう必要があるからだ。「自動車」「ハンバーガー」「家具」といった商材は、日本全国の一般消費者をターゲットにしていることに理由がある。


一方、中小不動産会社のストロングポイントは、日本全国を対象としない。なぜなら、大企業とは違った土俵で戦うために、あえてニッチな分野に突出しているからだ。


しかも、ニッチであればあるほど良いと考えられる。


「○○市で売買一番の不動産会社」

という純粋想起は○○市に住んでいる30代~70代のファミリー層、住み替えや相続に関心のある人に伝えたい。


「ワンルーム投資に強い不動産会社」

ならワンルーム投資を検討している投資家初心者、サラリーマンで未婚が良いだろうか。


このように、ある程度狭いターゲットに伝われば万々歳なのだ。つまり、マス広告のような多額な広告費をかける必要はないはずだ。


効率良く純粋想起を獲得する方法…「ビデオリリース」だ。



・「ビデオリリース」は無料動画制作&ターゲットを絞った配信

NewsTVの「ビデオリリース」は無料で動画を制作する。

最短ならば、取材・撮影から制作までを即日対応可能だ。

動画の時間は60~90秒。商品説明や記者発表会、インタビューや採用動画など、企業の要望に沿った動画を制作している。しつこいようだが制作は無料だ。


これまで1,500本以上の動画制作実績がある「ビデオリリース」だが、なぜ動画なのだろうか。それは、動画が他の情報発信方法よりも圧倒的に効率良く情報を伝達できるからだ。


Forrester Researchによると、1分間の動画が伝える情報量は180万語、3,600のWebページに匹敵するという。



※出所:Forrester Research調べ


また、他のバナー広告と比較した場合も動画広告はより効果的な方法であることが分かっている。



※出所:ディーツーコミュニケーションズ「iPhone向け動画広告効果調査」



「ビデオリリース」はこれらの裏付けをもとに効率の良い動画を制作し、さらに「狙ったターゲット」に動画を配信することができる。


NewsTVが構築している「NewsTV Network」は、4,000以上のメディア・3億人以上のユニークブラウザ。8,000万以上のユニークユーザーを持つ独自のネットワークだ。




この「Network Network」によって何ができるのか。

それは、あらゆるターゲットに絞って動画を配信できるということなのだ。



エリア:○○市在住

性別:男

年齢:35歳~70歳(5歳きざみ)

年収:500万円以上

住居:持ち家

家族構成:既婚

子ども:あり

職業:公務員


このような条件設定のほかにも、興味や関心ある分野や、希望のキーワードにマッチしたターゲットに動画を配信することができる。



どのようなターゲットに絞りたい?シミュレーションはこちら



つまり「ビデオリリース」は、無料の動画制作と狙ったターゲットへの配信によって、中小不動産会社が押し出すニッチなストロングポイントを的確に訴求することができるのだ。


これほどまでに効率良く、かつ低コストで訴求ができる方法がこれまであっただろうか。


現在、「ビデオリリース」を活用している不動産会社は少ない。

導入している数社はいずれも大手と呼ばれる企業不動産会社の顔ぶれが目立つ。


利用企業の事例はこちら



しかし、大手とは異なった差別化をしたい、ニッチなストロングポイントを持つ地場・中小不動産会社こそビデオリリースを活用できるのではないか。


しかも、不動産会社が少ない今だからこそ、チャンスなのだ。



「女性専門」「投資物件に強い」不動産会社さん、そのストロングポイント、本当に伝わっていますか?


その答えは「ビデオリリース」がカギだ。



ビデオリリースの詳細はこちら



【関連記事】












  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 510

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧