2017年02月06日
N.Yamada

中古マンションを更にオトクに交渉するためのテクニック

N.Yamada

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

中古マンションは新築マンションの約半額ということも?

中古マンションが狙い目だということは以前の記事でもご説明したとおりです。もちろん築年数や環境などの条件よって価格は異なりますが、同じような立地の場合、新築マンションと比較すると半額の値段で購入できうることも珍しくありません。
価格が安いので頭金やローンも新築と比較すると安く抑えられ、内装や立地などの条件も妥協することが少なくなります。

特に中古マンションが安くなる時期

シーズンによって中古マンションの価格が更に安くなり、オトクに購入できる場合があります。
例えば、年度末は人事異動のシーズンでマンションを手放す人も多くなります。年度末内にマンションを手放したいと思っている売り手も多く、値引き交渉に応じてくれる可能性も高くなります。
中古マンションの売却時には「若干安くても早めに確実に処分したい」という心理が働くことも多いのです。
人の動きが早まる年度末前に物件を探してみると良いかと思います。

相手の状況を聞き出すことが大切

また、相手の状況をしっかりと把握することも大切です。
マンションを売る際に、「次の物件を購入するための資金が欲しい」「買い取り手が見つからない」という事情を抱えている場合も、価格交渉に応じてくれる可能性があります。
足元を見るという行為に近いかもしれませんが、中古物件探しの交渉テクの1つとして抑えておくと良いかもしれません。

事故物件にはご注意を

交渉をする際に注意していただきたい点が1つあります。
上記のように次の物件を買う資金繰りのためや、年度内に処分したいという事情の他に、事故物件や住環境が悪いといった理由で、買い手がつかないために売り急いでいる可能性があります。
安いからといって即決するのではなく、事故の履歴をしっかりと確認する、あるいは自分の目で環境を確認するといったリサーチをしっかりと行いましょう。


交渉テクとリサーチで後悔しない物件選びを

シーズンや相手の状況を分析して交渉を行うことと、事前のリサーチによって、優良な物件をお値打ちに手に入れるポイントです。
中古マンションの購入を検討されている場合は、ぜひ頭において物件探しをされることをおすすめします。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 354

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧