<住宅購入は新築か、中古か>

住宅購入をお考えの方にとって、

住宅購入を「新築にするか」「中古にするか」という選択が出てくるかと思います。

                                         

「新築」か「中古」は住宅購入を考える際に選択筋の一つ、

大きな分かれ道の一つとなってくるのではないかと思います。

 

  ・住宅を購入するのであれば絶対新築でないと・・・

  ・新築以外は購入するつもりはない。

  という意見と

 

  ・中古で購入して、自分の住みたいようにリノベーションしたい!

  ・中古で購入して、どこにもない、自分だけのオリジナルの住宅にしたい!

  という考え方もあると思います。

 

 ここではそれぞれのメリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

 

<メリット>

 新築のメリットはまさしく「誰も住んだことがない新品の住宅に住める」ではないでしょうか。

中古のメリットは「新築に比べて値段が安い」「今の状態をすぐ確認できる」

「リノベーション等で自分の思い通りの住宅に改装できる」等が挙げられます。

 

<デメリット>

 新築のデメリットは「完成引渡までに時間がかかる」

「注文住宅以外は自分の思い通りの住宅にする(リフォームする)事はできないもしくは別途費用が必要となります。

中古のデメリットは住宅の使用状態によってはリノベーションや改装に多額の費用が必要となる場合があります。

 

<その他>

  住宅の探し方として、

「住みたい地域」の中から探す、住みたい地域のこだわる場合と

「新築の住宅で予算や間取り等の住宅の仕様」から探すという場合が考えられます。

また、その両にこだわる方もいらっしゃると思います。

 

  住宅購入は長い人生の中でそう数多くは経験することはないと思います。

  また、住宅ローンを組んで購入する場合は、住宅購入を検討する時間より

住宅ローンを返済する期間(時間)のほうが長いと思います。

 

このことからも住宅購入を検討、実行する際は、

住宅の場所、仕様等の様々な条件について納得度の高い住宅購入を

実現していただきたいと思います。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 615

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧