2017年03月28日
尾崎信夫

家族信託のスキーム①施設に入った親の古家を信託する

尾崎信夫

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 司法書士・家族信託専門士の尾崎信夫です。

天候が、暖かかったり、寒かったりで、かぜを引いてしまいました。

みなさまはどうでしょうか。

さて、今回は、家族信託のスキームをご紹介します。よろしくお願いします。

「家族信託のスキーム①施設に入った親の古家を信託する。」

相談者 母親88歳女性、夫は3年前に逝去しました。

状況 
①母親は、現在埼玉の実家に一人暮らし。

②一人っ子の長男は、東京でマンションを所有し、家庭も仕事もあり、実家に戻る予定はありません。

②体が弱くなり、物忘れも激しくなってきました。

③そろそろ安心できる施設にお世話になろうと思います。

④施設に入ると実家は、空き家になってしまうが、夫と一緒にローンを支払ってやっと自分たちの物になったし、

夫や長男とも思い出もあり、愛着もあるので、すぐに売る気はありません。

⑤家はそのままにして、将来必要に応じて売ったり貸したりしても

「おばあさん イ...」の画像検索結果「実家2階建て ...」の画像検索結果「施設イラスト」の画像検索結果「お父さん イラ...」の画像検索結果


問題点(リスク)

 母が認知症、脳梗塞などで判断能力が低下すると・・契約行為することがまったくできなくなる。

→自宅は売ることも、活用することも大変になる。

対策(解決方法)

 家族信託の活用で、たとえ母が認知症や脳梗塞になっても、将来売ることも貸すことも可能になる。

①母親が判断能力がなくなる前に母親と長男で、委託者兼受益者母、受託者長男、信託財産実家の土地建物の家族信託契約を行います。

②家族信託契約に基づいて「受託者」名義に実家の土地建物の名義を変更します。

③売るタイミングになったら受託者長男が、売却契約の当事者として契約します。

④売却代金は、受益者の母親の信託財産(信託金銭)となります。

⑤以後、受託者長男は、受益者母親のためにこの信託金銭を管理、母親の身上監護費用、施設費用、生活費などに支出します。

⑥母親が、亡くなった場合は

 (1)信託を終了して、信託金銭を長男が承継する。もし実家を売らずにいた場合は、実家の土地建物を長男が承継する。場合と

 (2)信託を継続して、長男が第二受益者として、受託者を長男の息子にする。

など、その家族の要望に応じて家族信託契約を作ります。





「おばあさん イ...」の画像検索結果家族信託契約「お父さん イラ...」の画像検索結果




信託財産 実家 「実家2階建て ...」の画像検索結果→受託者長男が売買契約→ 「財産イラスト」の画像検索結果信託金銭に変更

次回は、実家売らずに第三者に貸す場合を書きます。次回もよろしくお願いします。


尾崎司法書士事務所

尾崎信夫







  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 449

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧