2018年04月13日
不動産業界ランキング

不動産業界 社長の年齢が若い会社ランキング

不動産業界ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

不動産業を行っている上場企業110社(※)の社長を対象に、年齢が若い順にランキング形式で紹介します。

※編集部基準



(画像=写真AC)


集計方法


・18年2月期までに報告されている上場企業の決算書・有価証券報告書、企業HPや情報サイト、調査会社などの報告を元に制作
・4月9日時点で社長の年齢を集計し、ランキング形式で紹介


ランキングはこちら

不動産投資系の社長が若い傾向


1位は、不動産投資・マンション経営のデュアルタップ・臼井貴弘氏で40歳でした。
同氏は東京出身、1977年7月23日生まれで、営業代行会社の光通信に入社し、2006年デュアルタップを設立しました。

2位は41歳で、プロパティエージェント・中西聖氏原弘産・岡本貴文氏の2名でした。
中西氏は、長崎県出身の1977年2月8日生まれ。建設会社やマンション投資販売会社で勤めた後、2004年プロパティエージェントを設立しました。
岡本氏は、山口県出身で1977年3月10日生まれ。米マウント・アイダ大を卒業後、2000年に原弘産に入社しました。前社長である園田匡克が死去したことに伴って、社長に就任しました。

4位は43歳で、ウィル・坂根勝幸氏グローバル・リンク・マネジメント・金大仲氏の2名でした。

坂根氏は、兵庫県出身の1974年8月1日生まれ。大学卒業後、ウィル不動産販売(現ウィル)入社し、2014年に 代表取締役就任しました。 

金氏は、1974年6月2日生まれ。商工ファンドやテイマン、ディベックスといった企業で経験を積み、2005年グローバル・リンク・マネジメントを設立しました。

デュアルタップ、プロパティエージェント、グローバル・リンク・マネジメント、ロードスターキャピタル、日本エスコン、ムゲンエステート、THEグローバル社、グランディーズ、グッドコムアセット、アルデプロなど、上位企業の多くが不動産投資系の会社でした。

40代社長がいる22社中、不動産投資の企業は10社と、45%を占めていることが分かります。

また、ランキングを見ると、ハウスコム・田村氏APAMAN・大村氏ハウスドゥ・安藤氏が皆1965年生まれの同い年であることが分かります。偶然ですが、不動産フランチャイズチェーン企業のトップ3人が同世代でした。


ランキングはこちら

不動産業社長の平均年齢は?


2018年2月に東京商工リサーチが発表した『2017年 全国社長の年齢調査』では、不動産業社長の平均年齢63.19歳と、全業界を通して最も高齢だったことが分かりました。

今回のランキングで集計した不動産業社長110名の平均年齢は59.92歳と、全国平均と比べて低いことが分かります。

上場企業では豊富な人材がいるため、経営陣の新陳代謝が活発に行われいるようです。一方で中小の不動産企業では、経営陣の高齢化や事業承継、跡継ぎ問題が顕著になってきています。



    

「不動産業界ランキング」 記事一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 1390

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧