2019年04月11日
不動産業界ランキング

大手デベロッパー比較ランキング(メジャー6社)【2019年4月集計版】

不動産業界ランキング

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

  1. 日本国内のマンションデベロッパー(不動産会社)のうち、メジャーと呼ばれる上場企業大手のうち、上場廃止した大京を除く6社を、「売上」「純利益」「社員数」「時価総額」の4つの観点からそれぞれランキングしました。大手デベロッパーの状況を知ることで、日本の不動産業界の概況を推し量ることができます。
    (リビンマガジンBiz編集部)

※注=編集部基準

集計方法


・6社中5社の「売上」「純利益」「社員数」は、2018年3月期の有価証券報告書より集計。東京建物のみ決算期が12月のため、2018年12月期の有価証券報告書より集計
・連結決算の数値を採用
・2019年4月1日時点の時価総額を集計


画像=写真AC

売上高ランキングの上位は三大財閥が独占






1位は三井不動産で、売上高は1兆7511億1400万円となりました。三井不動産は日本の最大手デベロッパーで、傘下の三井不動産レジデンシャルでは主に「パークホームズ」ブランドのマンションを手掛けています。

2位は三菱地所で、売上高は1兆1940億4900万円となりました。三菱地所は傘下の三菱地所レジデンスにて、「ザ・パークハウス」シリーズのマンションなどを開発しています。三菱地所は社員数では6社中4位ですが、1兆円を超える売上高を出しており、効率良く収益を上げていることがわかります。

3位は住友不動産で、売上高は9484億200万円です。住友不動産は住友グループに所属する大手デベロッパーで、モダンなライフスタイルを提唱する「シティハウス」シリーズなどを手掛けています。

上位はいわゆる三大財閥の不動産会社3社がランクインしました。確固たる財務基盤と、長年の信頼を持つ老舗企業の強さを物語っています。戦前から連綿と続く経済の本流の中で、新興企業が既存の勢力図を覆すことがいかに難しいことかわかります。


ランキングの続きはこちら

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1042

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧