2020年03月26日
不動産業界ランキング

不動産業界 広告宣伝費ランキング2020

不動産業界ランキング

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産業界 広告宣伝費ランキング2020


上場不動産会社64社(※)を対象に、広告宣伝費および販売促進費を集計、高い順にランキング形式でご紹介します。2019年11月期までに、広告・宣伝に特に力を入れていた企業、および、売上高に対し広告宣伝費割合が高い企業をご紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)


※注=編集部基準



画像=PIXABAY


集計方法


・2018年12月期から2019年11月期までに公表された企業の有価証券報告書より集計

・「広告宣伝費」「販売促進費」などの広告関連費用が公表されている企業をランキング化

・「広告宣伝費」と「販売促進費」の両方が記載されている場合は合算した数値を集計

・連結発表の企業は、連結した金額で発表




広告費200億円越えは3社 住友不動産が三井不動産を超える





1位は野村不動産ホールディングスで、広告宣伝費は214億5,800万円でした。野村不動産ホールディングスは、マンション・戸建て住宅などの開発分譲のほか、資産運用や仲介など幅広く行う大手不動産会社です。


前年は223億3,500万円でしたので、約9億円の広告費を削減しました。とはいえ、去年に引き続き業界第一位の広告宣伝費を誇り、売上高の3.21%を広告費に費やして積極的な広告戦略を展開しています。



関連記事

上場不動産会社 広告宣伝費ランキング 2018年



2位は住友不動産で、広告宣伝費は212億5,000万円でした。住友不動産はオフィスビルや高級マンションの開発・賃貸などを行う、日本屈指の財閥系大手不動産会社です。


前年は3位でしたが、今年は業界のライバルである三井不動産を抜いて2位となりました。上位3社の中では唯一広告宣伝費を増加させています。もっとも、その増加幅は前年比101%とわずかとなりました。



3位は三井不動産で、広告宣伝費は212億4,500万円でした。三井不動産は国内第一位の不動産会社として、高級マンションをはじめとする国内の不動産事業のほか、海外にも積極的に進出しています。


前年の214億5,200万円から2億円ほど広告費を減少させ、広告費はここ3年連続で削減傾向にあります。


業界全体の広告費は7%増と微増ではあるものの、最大手の三井不動産をはじめ、多くの不動産会社は広告費の支出を抑える傾向にあるようです。前年調査では18%の増加でしたので、データ上も増加幅の縮小は顕著になっています。





売上における広告宣伝費率が高い不動産会社トップ10


売上高のうち広告宣伝にかける費用割合が高い企業トップ10をご紹介します。




コーセーアールイーが7.13%で1位になりました。同社は去年のランキングでも4位(5.2%)と広告宣伝費比率が高めでした。今年については、広告費自体は前年比97%と少し削減していますが、売り上げ減少のために割合としてはアップしています。昨年1位のハウスコムは2位となり、前年に引き続き6%と高い水準を維持しています。


全体としては、上位2社以外は広告費が5%を切り、ここからも各社が広告費を抑える傾向にあることが読み取れます。また、64社全体の、売上における広告宣伝費率の平均についても1.81%となり、前年の2.03%よりも縮小しています。


→ランキング結果はこちら



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 355

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧