2020年07月09日
不動産業界ランキング

不動産業界 お金持ち企業ランキング2020

不動産業界ランキング

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産業界お金持ち企業ランキング2020


上場している不動産会社115社(※)を、現金及び現金同等物の期末残高の高い順にランキングしました。資金に余裕のある企業は、現金や、いつでも現金化が容易にできる預金等のストックも多いことが推定されます。急な出費にも柔軟に対応できる不動産業種のお金持ち企業をご紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)


※注=編集部基準



集計方法

・2019年4月期から2020年3月期までに公表された企業の有価証券報告書から集計

・各企業の「現金及び現金同等物の期末残高」より集計

・連結決算の場合は連結数値を集計

・「ADワークスグループ(旧エー・ディー・ワークス)」「サンネクスタグループ(旧日本社宅サービス)」「LAホールディングス(旧ラ・アトレ)」は、持株会社体制移行前の旧会社の数値を集計



画像=写真AC


現金及び現金同等物の期末残高が1,000億円以上の不動産企業は5社





1位は三菱地所で、現金及び現金同等物の期末残高は2,130憶800万円でした。三菱地所は東京丸の内のオフィスビル・商業施設の賃貸を中核としつつ、ショッピングセンターやホテル、マンション自主管理アプリ「KURASELクラセル」の開発などを幅広く手掛ける財閥系デベロッパーです。2020年版ランキングでは唯一の2,000億円越えとなり、安定した財政基盤を感じさせます。



また、2位は前年に引き続き住友不動産となり、現金及び現金同等物の期末残高は1,934憶4,800万円でした。住友不動産は1位の三菱地所と同じく財閥系の大手デベロッパーで、オフィスビルやイベントホール・貸し会議室の賃貸のほか、「ヴィラフォンテーヌ」などのホテル事業やフィットネスクラブ、ゴルフ場なども経営しています。現金及び現金同等物の期末残高は2,000億円には届かなかったものの、それに迫る高水準となりました。



3位は業界の売上げ第一位の三井不動産で、現金及び現金同等物の期末残高は1,794憶7,200万円でした。三井不動産も財閥系のため、上位は全て財閥系デベロッパーが独占しました。三井不動産は日本橋や日比谷ミッドタウン、豊洲など都心の街づくりを手掛ける大手総合不動産会社です。


トップ3までは全て財閥系企業となり、多少の社会的動揺にも揺るがない盤石さをあらためて実感させてくれました。



4位はオープンハウスで、現金及び現金同等物の期末残高は1,353億4,500万円でした。同社は不動産売買の代理・仲介や新築戸建住宅、マンションなどを手掛けています。上位3社が売上高1兆円を超える中、売上高5,403億円のオープンハウスが、売上高9,631憶円の東急不動産ホールディングスや同6,764億円の野村不動産ホールディングスを押しのけて4位となり、同社の勢いを感じさせる結果となりました。



5位はイオンモールで、現金及び現金同等物の期末残高は1,143億6,800万円でした。同社はショッピングモールの開発と運営を行っており、国内165店舗、海外30店舗を展開しています。前年の現金及び現金同等物の期末残高は554億1,400万円でしたので、今期は期末残高を大きく増やしたことになります。売上高も前年比で成長しており、新型コロナウイルスに対する貿易プロトコルを世界のグループ企業で定めるなど、新しい販売戦略を進めています。


6位から10位までは以下のようになりました。


 



▶ランキングの11位~50位はこちら

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 568

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧