2020年07月16日
不動産業界ランキング

不動産関連企業 資本金ランキング2020

不動産業界ランキング

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産関連企業 資本金ランキング2020


上場不動産会社115社(※)について、2020年3月期現在の資本金の額をランキングしました。資本金は自己資本の額を表し、金額が多いほど会社の規模が大きく、また体力があるという指標となります。また、増資を行った企業ランキングもご紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)


※注=編集部基準



集計方法

・2019年4月期から2020年3月期までに公表された企業の有価証券報告書から集計

・資本金は会社単独の金額を集計、売上高及び従業員数は連結数値を集計

・「ADワークスグループ(旧エー・ディー・ワークス)」「サンネクスタグループ(旧日本社宅サービス)」「LAホールディングス(旧ラ・アトレ)」は、持株会社体制移行前の旧会社の数値を集計



画像=写真AC


資本金1,000億以上の4社中、三菱地所と野村不動産HDは増資





1位は業界最大手の三井不動産(資本金額3,397億6,600万円)で、昨年の調査に引き続き2位の三菱地所(資本金額1,421億4,700万円)の倍以上となる資本金額を維持しています。


また、3位は住友不動産(資本金額1,228億500万円)、4位野村不動産ホールディングス(資本金額1,178億円2,200万円)となりました。5位以下はこのようになっています。



ランキング上位10社は昨年と順位変動はありませんでした。


トップ10のうち、前年から増資を行った企業は3社です。2位の三菱地所が+1億2,400万円、4位の野村不動産ホールディングスが+5億2,900万円、8位のイオンモールが+3,400万円となっています。また、トップ10企業で減資を行った会社はありませんでした。


トップ10企業の増資額そのものは、事業規模を考えれば微々たるものですが、資本金の推移から、コロナ禍前までは大手企業の業績が順調であったことが見て取れます。




資本金増資割合ランキング 1位はコロナに強い不動産テック企業




GA technologiesが、前年の資本金額1億円から、今年は11億5,600万円と大幅に増資を行い、増資割合トップとなりました。同社は不動産情報サイト「RENOSY(リノシー)」での投資用中古マンションの売買を主軸としています。不動産とITをかけ合わせた不動産テック企業であることから、コロナも業績に影響しにくいとされ、株価は6月30日に一時7370円に達し上場来高値となりました。


2位のリーガル不動産も、その名の通り裁判や借金整理、法律問題に絡んだ不動産を扱うノウハウを持っており、今後のコロナ不況により需要が高まりそうです。


増資ランキング1~4位までは2018年~2019年に新規上場を果たした企業で、勢いのままに事業規模を拡大させている様子がうかがえます。



▶11位~50位はこちらから


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 229

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧