2020年09月17日
不動産業界ランキング

不動産業界 30歳年収ランキング 2020 

不動産業界ランキング

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産業界 30歳年収ランキング 2020


上場している不動産会社のうち従業員平均年齢が30歳代の62社(※)を対象に、平均年収が高い順にランキングしました。若い世代が多く、早くから高給を目指せる不動産企業はどこなのでしょうか。あわせて、上場不動産企業で平均年齢が20代の会社もご紹介します。(リビンマガジンBiz編集部)


※注=編集部基準


集計方法

・2019年6月期から2020年5月期までに公表された企業の有価証券報告書から集計

・平均年齢が30歳~39歳の10年間の企業の平均年収をランキング

・グループ会社の場合、有価証券報告書で公表されている単体会社の平均給与で計算

・賞与を含む


画像=写真AC



30代で平均年収1,000万突破の高収入企業は2社! 



1位はヒューリックで、平均年齢39.9歳、平均年収は1,760万9,000円となりました。ヒューリックは東京23区の駅近を中心に多数の物件を保有し不動産賃貸を行うほか、ホスピタルメント文京弥生、トラストガーデン荻久保などの不動産開発を手掛けています。


今回、調査した62社全体の平均年収は638万円でしたが、ヒューリックの平均年収は1,760万円と、2.7倍以上にもなります。同社は内部だけではなく外部においても、若く才能のある人材を大切にしているようです。棋聖のタイトルを争う「棋聖戦」に特別協賛しており、若き藤井聡太二冠の活躍によりヒューリックの知名度もアップしました。



2位はプロパストで、平均年齢は38.1歳、平均年収は1,055万2,000円でした。プロパストは首都圏を中心に単身者やDINKS向けの分譲マンションを開発しているほか、賃貸マンションの開発なども行っています。


従業員数は47名と小規模経営ですが、平均給与が1,000万円を突破する高収入となっており、また、ここ数年は売上高、経常利益ともに右肩上がりです。コロナの影響を踏まえ、取得する物件を厳選し、自己資本比率を高めることにより財政基盤の強化を図るなど、柔軟な事業展開を推し進めています。


平均年齢が30代で、かつ、平均年収が800万円を超えている企業は11社で、3位以下はこのようになっています。

 


従業員平均年齢が20代の上場不動産企業と平均年収は?




平均年齢が30代も十分に若いですが、さらに若く、従業員の平均年齢が20代の上場不動産企業も存在します。フレッシュな戦力で固めた4社の平均年齢や平均勤続年数、平均収入をご紹介します。

 

東京を中心に戸建事業を営むオープンハウスは、平均年齢が20代でありながら平均年収が642万円と、平均年齢が30代の会社62社の全体平均を上回っています。平均勤続年数が3年と出入りが激しい会社ですが、若いうちから積極的に高収入を狙いたい人には魅力的な企業といえるでしょう。

ウィズコロナという新しい時代に入り、時代に即した事業を展開するための柔軟さや技術力、スピーディさが不動産業界にも求められています。若い戦力を揃えた不動産企業が、どのようにしてこの時代を歩んでゆくのか、各企業の選択や判断が、これまで以上に世間や投資家から注目されています。



ランキングの続きはこちらから(次のページ)


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 870

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧