2020年03月06日
不動産テック

スペースマーケット・重松大輔社長 築古不動産に新たな価値をつける

不動産テック

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

撮影=リビンマガジンBiz編集部 スペースマーケット・重松大輔社長


―不動産事業者との取り組みも広がっているようですね。以前の取材時には東京建物との提携を紹介いただきました。不動産事業者にはどういったニーズがあるのでしょうか。


各社、狙いは本当に様々です。


例えば、東京建物とは、様々なアセットタイプにおいて取り組みさせていただいていますが、そのひとつは、分譲マンションのラウンジを住人以外の第三者も利用できるようにするという実験的なものです。そして、収益をマンションの修繕費用に充当していく仕組みです。マンションの修繕費用が不足しているのは、社会問題化していますから、そこに新しい解が導かれる可能性もあります。


大東建託は、賃貸併用住宅のように、レンタルスペース併用住宅をプロデュースしています。これも実験的な取り組みですが、1つの建物に多様な用途が混在するわけで、成功事例が出てくれば、商品化できるでしょう。



―賃貸住宅として貸すより、「スペースマーケット」に掲載した方が、利回りが高いケースもありますね。ある意味では物件の最有効使用を再定義することもできる。


そういった事例はかなりあります。

特に築古物件では、一般に築年数が経つほど賃料が落ちますが、レンタルスペースなら築古であることがそこまでネガティブではないので、継続的に稼働できる。


また、賃貸住宅は立地が賃料に大きな影響を与えますが、2~3時間のスペース利用ならあまり影響はありません。それよりも内装や使い勝手、その空間のストーリーやレビューの方が重要です。



―建物の居住性というか、利用価値がダイレクトに評価されるわけですね。面白いところでは、鉄道会社との取り組みもありますね。


京王電鉄とは、高架下の飲食店・店舗撤退後のスペース活用でも協力しています。次のテナントが決まっていない、決まっていても入居できるまでに期間があるといったケースで、「スペースマーケット」が役に立っています。こういった遊休不動産に関する問い合わせは多いですね。


鉄道会社は、沿線活性化が至上命題です。しかし、保育園やサ高住建設などは、コストや時間がかかってしまう。「スペースマーケット」なら、空きスペースがあればすぐに始められ、結果も出ます。社会性のある取り組みとしても意義を感じていただいています。


沿線にシェアスペースを作れば、周辺の商業施設やスーパーでの消費が増える傾向にあることも分かりました。近くの商店街や商業施設で少し贅沢な食材やお酒を買って、スペースで飲食する人も多いようです。



―不動産業界や事業者のスペースシェアに対する関心や捉え方に変化があったのでしょうか。


不動産取引に、シェアリングという新しい取引形態が生まれ、徐々に大きくなってきている。また、最近ではWeWorkやOYOといった企業が日本に参入して、これまでにない空間の使い方を実感し始めたのだと思います。


また、「働き方改革」などの影響もあるでしょう。


「フレキシブルオフィス」といった概念は、今後必ず伸びていく分野と思っています。今もコロナウイルスの影響で、多くの会社が時差通勤やテレワークを始めていますね。



―働き方の変化もスペースシェアに影響を与えているのですね。


2011年の東日本大震災以降、オフィスのカジュアル化が進みました。ビジネスマンがスーツを着なくなりました。


今回もそれに近いと感じています。


オリンピック期間中、大企業はテレワークやリモートワークをするよう提唱しています。「フレキシブルオフィス」や当社が「ソロワークスペース」と呼んでいるような1人〜少人数で作業・仕事をするスペースへのニーズも高まっていくでしょう。


今回のコロナウィルスの影響を受け、スペースマーケットにも、安心して使えるワークスペースを探している方からのお問い合わせや利用をいただいています。これらも、今だからこそできるスペースシェアの貢献の形だと考えています。


そこで、スペースを貸し出しているホストへ協力を呼びかけたところ、テレワーク用の安いプランを多くの地域で提供できることになり、「テレワーク応援特集」をスタートしています。

今後、感染の広がり方や政府の方針等によって、働き方やテレワークにおける課題も多様化しするでしょう。その状況に応じて、皆さんが工夫される中でうまく「スペースマーケット」を活用いただければ幸いです。



スペースシェアのある世界をつくる

 ② 

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 197

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧