2020年04月10日
不動産テック

ありもしない理想の家を探し続ける仲介営業は優秀ではない(2ページ目)

不動産テック

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



TERASS・江口亮介社長 撮影=リビンマガジンBiz編集部



―現在どれほどのエージェント登録があるのでしょうか。


リリース前ですが、2020年3月時点で50社以上に登録いただいています。

1社で18人のエージェント登録をいただいているケースもありますね。



―「Agently」は一法人で登録するエージェント数に限りはあるのでしょうか。


制限はありませんが、宅建免許を持っている人に限っています。



―複数のエージェントからアプローチが届く。なかには、しつこい営業もあるかもしれません。


1カ月で、新規にアプローチする顧客数は上限30件にしています。30件しかないので、吟味してアプローチいただくことがポイントです。「Agently」に登録したエージェントには力を入れたメールを送って欲しいと思っています。


ただ、たくさん提案が来るという点に関しては、顧客のマインドセットを変えたい思惑もあります。バンバン提案が来ることを嬉しいと思って欲しい。「Agently」を見ておけば良い提案がたくさん来ると思っていただければ、不動産会社にとっても良いでしょう。



―日本でエージェント系のサービスが難しいと思うのは、一般消費者の文化醸成も必要だという点です。物件ありきではなくエージェントを入り口とした家探しは、理解されるのでしょうか。


難しいと思っています。


いきなりエージェントを探せと言われても、顧客は物件情報が欲しいと思っていますから。


「Agently」も、まずは人探しというよりは、「未公開物件に出会える」といった切り口で認知させていきたい。エージェントを探すことは、まだまだ浸透しないと思っています。探そうにも、AさんとBさんどちらが良いかは分かりません。ある程度データを溜めながら徐々に作り上げる必要がありますね。



―江口社長自身も不動産売買の経験があるそうですね。


「Agently」には私の体験も反映しています。


26歳のとき、最初に購入した物件は、まさしく未公開物件でした。4カ月ほどずっと築浅の物件を探していたのですが、理想の物件はありませんでした。


そういったなかで、たまたま良い担当者と出会い「良い物件がありますよ」と提案されたのが築47年のマンションでした。築浅を希望していたのにも関わらずです。しかし、担当者の提案を聞くなかで「確かに築古の物件でもリノベーションすれば悪くないな」と考えを変えて、結果的に購入しました。


そのマンションには2年間住み、売却時には購入金額+リノベーション費用よりも高く売却することができました。本当に良い買い物でした。この担当者に出会えて良かったと心から感じましたね。



―江口社長が考える優秀なエージェントとは、具体的にはどういった人でしょうか。


提案の軸ずらしができる人です。


SUUMO時代に不動産営業について研究したときに感じたのは、良いエージェントは軸ずらしが上手い。希望条件の妥協点や折衷案をだし、たくさんある条件から本当に重要なポイントとそうではないものを分けていく。


軸ずらしができずに、ありもしない物件を探し続ける営業社員は優秀ではありません。逆を言えば、営業社員によって、同じ物件が良く見えるか、悪く見えるかは異なります。


それで腹落ちさせる。まさしく築浅の物件を探していた私もそうでしたから。今となっては軸をずらして提案してくれたことにすごく感謝しています。



―「Agently」は購入だけなのでしょうか。


売却もやっていきたいと思っているのですが、「この人に頼めば10%高く売れました」というデータを集めることは難しい。ただ、購入希望者のなかには買い替えもあるため、売却が得意なエージェントがアプローチしているケースはありますね。


また、不動産売却は、個人というよりも仕組みが重要だと思っています。

今後は、ホームステージングや瑕疵担保保証、ハウスクリーニングといったサービス合戦になっていくでしょう。個人が差別化するというよりかは、組織が重要になってくる。


購入は、顧客は買わないという選択肢もあるなかで、重要な意思決定を促す。ローンの知識なども必要で、

接客の難易度の種類が違うと考えています。


次のページ:本気で家を探すなら、エンドユーザーの姿勢も重要(3ページ目)


 ② 

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 177

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧