2017年03月04日
ri-cha

周辺住民に知られず不動産売却を進めることのデメリットとは?

ri-cha

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産売却は近所の人に秘密のまま進めることができる



不動産売却に関する質問でよくあるのが「近所の人に知られることなく不動産売却をすることはできますか?」という質問です。とくに自分が今、住んでいる家を売却する場合、周辺住民から「何かトラブルがあったのかな?」「あの家庭はかなりお金に困ってるんだな……」このように思われてしまうのではないだろうかと心配になる人もいると思います。


結論から申しますと、不動産売却を近所の人に知られることなく進めることは可能です。担当の不動産会社に近所の人に売却していることを知られたくないことを伝えれば、そのように動いてくれるでしょう。


今となってはインターネットを使った物件情報の掲載が不動産売却においては不可欠ですが、そのような場合でも極力、近所の人に知られないように特定の情報を載せるのではなく、物件概要だけを掲載することも可能です。


また不動産会社同士のコミュニティのみを活用することで購入希望者を探し、売り手と買い手のマッチングを図れば、外部には内密に売却活動が行えます。



秘密にするデメリットは売りづらくなること



不動産売却を近所の人に秘密のまま進めることは可能です。しかし、そのような条件で売却を進める場合、デメリットがあります。それは「不動産が売りづらくなる」ということです。


これは説明しなくてもわかることだと思いますが、不動産売却を近所の人に知られないようにして進めるのと進めないのでは、物件の売りやすさに差が出てしまいます。不動産売却していることを内緒にせず進めるのであれば、広告やインターネットの物件情報の掲載に制限がありません。買い手の気持ちを考えると、物件情報の詳細は細かくわかればわかるほどいいでしょう。


物件を近所の人に知られることなく売却を進めることは可能ですが、売りづらくなるという大きなデメリットがあることを理解した上でこの条件を提示するべきでしょう。


また、売却していることを100パーセント知られないと保証することは難しいです。例えば、不動産売却では購入希望者が物件を見学することがあります。廊下や玄関前などで見学に来ている様子を近所の人に見られてしまえば、不動産売却をしていることがバレてしまう可能性もあります。


どんなに不動産売却を秘密にしていても、バレてしまうときはバレてしまうということも理解しておきましょう。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 242

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧