みなさま、こんにちは。ケセラセラ横浜のCFP、斎藤岳志です。


賃貸用の不動産の購入のご相談を承ることが多いのですが、

最近多く声を寄せられる質問が、

「今って、物件は売り時なのですか?」ということ。


アベノミクスの効果もあったのはたしかで、最初に、金融資産、主に

株式などが値上がりをして、その値上がりした含み益などを確定させて、

現物資産である不動産にお金を変え、その不動産からの賃料収入の安定が

魅力となり、資金シフトしていくことに伴って、不動産投資物件に対する

需要が高まり、価格もここ数年で、高くなってきた、という印象は受けます。


そこで、売り時なのかどうか、を考える際に伝えていることが、

「最初に不動産物件を購入したときの目的を思い出しましょう」

ということです。


高くなってきたから売り時、という発想は、株式で言うキャピタルゲインを

得られるという発想と同じなので、元々が、値上がりした利益を得たい、

という方であれば、売却されることをおすすめします。


ご相談を受けていると、当初の目的が、値上がり益を考えているというよりも、

「長期的に安定した収益源が欲しい」「本業以外の収入の柱が欲しい」という

お考えの方がほぼ全員です。

そう考えると、今売却してしまうことは、長期的な収入源に値する卵を

手放してしまうことにもなるかと思います。


購入した価格よりも、高い金額で買って下さる方が現れたり、例えば、

現在保有している物件よりも、立地などが魅力的で、なかなか売り物件が

出てこないエリアの物件に買い換えたい、等の積極的な理由で手放すので

あれば、選択肢としてはありかな、と思いますが、いつが売り時かと

聞かれたら、「自分が売りたいと思ったとき」とお伝えしています。


反対の立場で、不動産が安いから今が買い時です、と言われても、

準備ができていなかったり、気持ちがそもそも不動産を買いたいと思わなければ、

買おうともしない、というのと、同じことです。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 373

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧