みなさま、こんにちは。ケセラセラ横浜、CFPの斎藤岳志です。

 

前回は、売却時にあると買主さんが喜ぶ資料の1回目として、新築分譲時の

パンフレットがどのように役立ってくるのか、という点について、

お話させて頂きました。

 

今回は、その続きとして、どんな資料、書類があると、買いたい人の安心感を

増すことができるのか、第二弾についてお話しさせて頂きます。


今回お伝えしたいのは、「組合総会の案内・議事録」です。

(マンションに関して、お話させて頂きます)

これを持っているのは、組合の決算のタイミングで、所有されている方だけです。

新築で建てられた後、組合がしっかりと運営されているマンションであれば、

年に1回は定期総会が開かれており、そこで、組合の収支とか現在議題に

あがっていることなど、マンションの「今」を知ることのできる、大変貴重な

書類になります。

もし破棄してしまっていれば、管理事務室とかに保管されているケースが

多いので、そこで確認もできることが多いです。

 

中でも、「収支報告」の部分は、管理組合が、また管理組合が委託している

建物管理会社が、管理費と修繕積立金を、毎年いくら所有者みなさまから集め、

どのような使途に使っているのか、そして、現在、組合としてのお金はいくら

貯まっているのか、を把握できる大切な部分になります。

 

マンションは管理を買え」という言葉があります。


自分の部屋の中に関しては、自由にリフォームしたりすることができます。

しかしバルコニーや玄関、廊下、エントランスなど、マンションにお住まいの方は

自分だけで決めることのできない共用部分があります。

みなさんが使用するため、組合と建物管理会社の運営次第で
資産としての価値も大きく変わってきてしまう大切な部分です。


だからこそ、組合運営がどういう状態でされているのかを事前に伝えます。
買いたい方が安心できる資料を用意することは、売却時に大切なポイントの一つです

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 394

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧