みなさま、こんにちは。ケセラセラ横浜、CFPの斎藤岳志です。

 

前回は、売却時にあると買主さんが喜ぶ資料の2回目として、

組合総会案内や議事録がどのように役立ってくるのか、という点に

ついて、お話させて頂きました。

 

今回は、その続きとして、どんな資料、書類があると、

買いたい人の安心感を増すことができるのか、第三弾について

お話しさせて頂きます。

 

今回お伝えしたいのは、「修繕の履歴」です。

(マンションに関して、お話させて頂きます)

この修繕の履歴は、マンション全体の大規模修繕とかのことではなく、

部屋の中で、ご自身がなされたことに関してです。


例えば、

年前に、給湯器を交換した」

年前に、エアコンが壊れたので買い換えて、保証期間もあと年残っている」

最近増えてきている例としては、

「住み始める前に■■万円かけて、リノベーションをした。その時に、こういう

 依頼をして、施工をしてもらった」

このリノベーションの説明をするのに、第1回目でお伝えした「新築時の

パンフレット」があると、「最初こういう間取りで、こういう部屋だったのを、

このように変えた」というように、買いたい方へ説明をすることができ、

より深みのある案内をしやすくなります。

このように、書類だけでは分からない説明、案内があることで、買いたい方に

とっても、金銭的な面でも、より安心感をもってもらえることになります。

 

給湯器はおおよそ10~12年くらい、エアコンはおおよそ10年前後で、

買い換えをするタイミングだと言われるので、前に交換したタイミングや

買い換えをしたタイミングが分かれば、急な故障がなければ、


「あと、年後には交換や買い換えをするタイミングになりそうだな、

 それなら、年後には、万円くらい、支出として見込んでおいた方が良いな」


と思い描いたり、


「リノベーションも一生ものではないし、年後くらいには、自分たちも子供が

 独立したり、ライフスタイルが変わるかもしれないから、その時に変えるかも

 しれない費用として、万円くらい、考えておくようにしよう」


という、将来にかかるかもしれないお金の金額を、おおよそでも見積もることが

でき、目に見える状態にできることで、購入後の安心感にもつながると考えます。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 465

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧