2017年03月25日
西海 登

不動産は更地の方が売れる?

西海 登

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

戸建やアパートなどの上物がある場合と、更地の土地であれば、どちらが売れるのでしょうか? 確かに更地の方が、次に購入する人が何に使うかを自由に考えることができます。しかし、新築の建設工事を新たに行わなければならない更地は、本当に人気があるのでしょうか?


更地は確かに「売りやすい」

地方の田舎にあるような更地物件は売れない場合もありますが、都心部の物件なら、戸建用の土地として適正な広さであれば売れやすいと言えます。

同じ更地でも、広い土地となってしまうと、なかなか買い手がつかなくなります。特に都市部の中心地での広い土地となると、地価の関係上、価格が高くなってしまい、なかなか売れない状況になってしまう可能性もあります。


建物が古くても、更地にしなくても売れる

建物が、老朽化などにより中古物件の保証がつけられないという場合、売却するには建物を取り壊して更地にするのが前提です。

しかし、更地にする解体費用が出せないという場合には、「古屋あり土地」として、建物が残った状態で売却することも可能です。

この場合、建物の資産価値がゼロという形をとり、売却時は建物を取り壊す前提で販売します。

これは、購入側から見ると、中古住宅が土地の値段のみで購入できるような形になります。

気を付けなければならないのは、古屋には購入後の瑕疵担保責任は一切ない状態で購入することになる、ということです。

売却する側は、取り壊し費を負担してもらう前提で建物を残し、格安で販売しています。そこにまた住むということは、どのような不具合があっても売主側は責任を持たないということなのです。

お得に住宅が手に入る可能性もありますが、修繕で出費がかさまないか、費用の十分な比較検討が必要です。


建物が新しければ、中古住宅で

建物が新しい、もしくは築10年以内であれば、無理に取り壊す必要はありません。中古住宅として十分な需要が見込める場合は、特に売却にあたって更地する必要はありません。

築20年以上の場合は、内装や間取りが時代遅れとなっている場合がありますので、リフォームなどを行ってから売却をすると売れやすくなります。しかし、リフォームにかかる費用が売却価格で回収可能か、を十分に検討する必要があります。



不動産売却は、更地の方が売れやすいとは限りません。

すぐに住み始めたいという人は、中古物件を求めている人もいます。また、古屋に住もうと考える人も中にはいますので、それぞれの需要に合った不動産売却を考えるようにしましょう。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 322

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧