2017年02月24日
さく

所有する土地の売却を決めたら、まず何をしたらいいの?

さく

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


土地の売却は、買い取り?個人で売却?それとも仲介で?

所有する土地の売却を決めたら、まず何から始めたらいいでしょうか。土地を売却する方法は、大きく3つに分類されます。不動産買い取り業者に「買い取り」をしてもらう方法、「個人で売却」する方法、「不動産仲介業者に依頼して売却」する方法です。それぞれにメリット・デメリットがありますが、「不動産仲介業者に依頼して売却」する方法が一般的とされています。

売却する土地の査定をしてもらいましょう

所有する土地の売却をするにあたり「不動産仲介業者に依頼して売却」する方法を選択したら、次はめぼしい不動産仲介業者に「土地の査定」をしてもらうことになります。その際、依頼をする不動産仲介業者は一社だけではなく、複数の不動産仲介業者に依頼するほうがよいでしょう。近年は、手始めとしてインターネットを利用して一括で査定依頼をして複数の不動産仲介業者に土地の査定をしてもらい、その後実際に土地を見に来てもらう不動産仲介業者を選ぶという流れをとる人が多いようです。

複数の不動産仲介業者に査定を依頼する理由

なぜ複数の不動産仲介業者に査定を依頼するほうがよいのでしょうか。まず、一社のみの査定では査定額の比較検討ができません。売買をするうえでの売主と不動産仲介業者における相性の良し悪しもあります。さらには、信頼できる仲介担当者を見つけるためでもあります。

査定額だけで不動産仲介業者を決めていいのでしょうか

複数の不動産仲介業者に土地の査定をしてもらうと、それぞれの査定額にはばらつきが出てきますが、査定額=売却額ではありませんのでご注意ください。査定額は簡単に言うと、その不動産仲介業者が「この金額で売りに出したらどうですか」というもので、ある程度の見込みは持っているものの「この金額で売れます」と保証してくれるものではありません。ですから、「最も高い査定額だったから」という理由のみで土地の売却を依頼する不動産仲介業者を決めるのは控えたほうがいいかもしれません。

土地の売却を決めたら、不動産仲介業者を見つけましょう

所有する土地を手放すという大変な決断をされたのですから、売却に関する手続きはスムーズに進めたいでしょうし、希望に近い形で土地を売却できたらなお良いですよね。そのためにも、土地の売却を決めたら、まずは信頼できて相性の良い不動産仲介業者を見つけることから始めましょう。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 260

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧