2017年03月04日
さく

不動産売却での「個人売買」とは?

さく

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


「個人売買」とはどういうもの?

不動産売買における「個人売買」とは、簡単にいうと不動産仲介業者が行うことを個人で行い、契約を完結させることです。主に、買主を探すこと、書類を準備したり作成したりすること、そしてトラブルが起きた際にその対応をすることなどがあります。一見簡単そうに思えるかもしれませんが、実際に「個人売買」で不動産を売却した人の中には、買主がなかなか見つからなかったり、やるべきことが思っていたよりもはるかに多かったりと大変な経験をした人が少なくありません。そして、個人では対応できかねる程のトラブルに見舞われることもあるようです。

「個人売買」のメリットとデメリット

「個人売買」の主なメリットは、仲介手数料がかからないことです。「不動産仲介売買」の場合、例えば3,000万円の取引が行われると最大で103万6,800円(消費税込)の仲介手数料を不動産仲介業者に支払うことになります。仲介手数料の上限は法律により定められていますし、税全に額を計算することもできますが、大きな費用となることに変わりはありません。「個人売買」で不動産を売却する場合には、この仲介手数料の支払いがないというのが大きなメリットです。逆に「個人売買」のデメリットであり最も注意が必要なことが、個人では対応できかねるトラブルが起こる可能性があるということです。実際に「個人売買」にはトラブルが多いのも事実です。多量の書類を準備したり作成したりしなければならないことから、必要書類が備わっていなかったり、内容を確認できていなかったりというトラブル、さらに物件の不具合といったトラブルもありえます。また、「個人売買」では買主を探すことも大きな負担となることが多く、これもデメリットの一つと考えられます。このようなメリットとデメリットがある「個人売買」ですが、最近は仲介手数料を半額にしたり無料にしたりする不動産会社があったり、個人が売却したい物件を掲載することができるウェブサイトがあったりするなど、不動産売却における選択肢が多様化しています。最新の情報を知り、不動産の売却が希望に近いかたちで行えるようにしましょう。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 283

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧