2017年03月24日
柴沼直美

リートの価額は上がらない?!

柴沼直美

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

こんにちは

ファイナンシャルプランナーの柴沼直美です。


2016年から、リートの価額が思ったように上がらなくて

フラストレーションがたまるという声をいただくことがよくあります。


リートは実物不動産を保有する代わりに

証券という金融資産を保有します。

間接的に、不動産のオーナーになるようなイメージですが

価額の動きは不動産価格や金利に連動しますので

違いとしては、信託報酬がかかるかわりに

流動性が確保されているといったところでしょうか。


リートの別の魅力としては

配当利回りが、株式投資信託などと比べて

高いことも挙げられます。


ということを理由にリートを保有しているお客様から

「イマイチ、価額が上昇しない」

というのです。特に米国リートについてですが

これは最近の米国の経済状態から明らかですね。


米国での景気指標が非常に好調なため

利上げが予想されています。

すでに、最近決定されましたが

今後も、引き続き2017年については

利上げの継続が見込まれています。


不動産といえば借り入れ。

利上げが実施されれば、こういった不動産会社や

不動産を仕入れて賃貸する不動産投資法人にとっては

負担増が見えています。

この点に焦点が当たりますから、しばらくは

米国リートにとっては向かい風が吹くのはやむなしですね。


しかしながら、投資をするにあたって重要な要素である

保有期間をどの程度にするかによって

リートの魅力はかわってきます。




投資の目安として1年を境に長期か短期か分けますが

短期の場合であれば、こちらの利上げによるマイナス要因が

大きく作用することになるため、大幅な上昇は期待できないでしょう。

ですが長期の場合(1年以上)の保有と考えれば

トランプ政権による「規制緩和」というポイントが機能し

収益をあげた企業を中心にオフィスビル需要が活性化することが

見込まれるため、投資対象としての魅力は

十分期待できるのではないでしょうか。


時間軸をどのくらいの長さでとらえるか

実は投資において共通する重要なポイントかと思います。





  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 743

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧