不動産業界の接客の仕方に疑問を持つ

住まい専門の不動産コンサルタントの嶌田(しまだ)です。

 

売却にしても、購入にしても、既に不動産会社さんに頼み、行動中のお客様との出会いは当然にあるものです。

 

その中で、本当に可哀想だと感じてしまうケースがあります。

 

その最たるものは、「何かが起こらないと接客されない、打ち合わせがないこと」です。

 

どういうことかと言いますと・・・

購入ならば、紹介したい物件が出てこないと接客されない、連絡がない。

売却ならば、案内希望が入らないと連絡がない、値下げの時期にしか連絡がない。

 

このようなケースです。

って、当たり前のように聞こえますよね?

 

新居のご提案の接客ならば、見当違いのものを提案されるために「お店に呼び出される」こともあるわけですよね。

聞こえを良く言えば、「ご来店いただく」ですか??笑

 

でも、これらはお客様が自分自身で考えられるようにならない接客です。

 

特に、転居(購入)をご検討の方に対しては。

 

自分軸(自分は、どうしたいのか?自分は、なんのために転居したいのか?など)を定めるサポートをされていない接客です。

 

ダメな営業マンが行ないがちな行為は、接客リードをすべて営業マンの軸に置いてしまうことです。

 

これは、やがて他社に相談しに行かれてしまう「客離れ」を起こします

 

なぜ、物件提案の話し以外の時間を設けることを推奨していかないのか?

不動産会社に勤めていた時からの疑問です。


私の接客は長いと、よく上席からは愚痴られたものです。

※業績は悪くないので怒られはしませんでした。

 

一般の方には、不動産の売買という慣れるはずのないことだからと、ペースも何もかも奪ってしまっては、何も見えてきませんし決断もできません。

結果、信頼を築くことは困難です。

 

売却にしても、内覧者が質問に挙がりやすいことを売却依頼の当初に、聞き出して自分が聞かれても、内覧時に購入検討者から直接、売主様に質問されても答えられるようにすることで、安心を提供できるような二人三脚の姿勢が必要なはずです。

 

誤魔化したり、ウソとなるような受け答えを指南することは当然にダメです。

 

表面的な「売るため」の接客ではなく、満足度が高まる接客をして「売るため」に繋がる時間の使い方が広まれば、と思います。

 

綺麗ごとにしか聞こえません?

でも、綺麗ごとが一番強いんですよ。

 

それで、前職MVP11回受賞しちゃってるんで。

ゴメンなさいね。笑


Facebookでの友達申請、大歓迎です。


こちらのコラムでは売却にこだわって書かせて頂いております。

購入については、ホームページのブログで書かせて頂いております。

その告知はFacebookにてリンクを貼ってお知らせしています。


ただし、「コラム読みました」などのコメントをお願いします。

コメントが無ければ、申請を削除しております。


一言、コメントを必ずお送りくださいませ。


仕事とプライベートでは出てしまう「顔」は違いますが、どれも嶌田です。

隠すつもりもありませんので、お気軽にどうぞ。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1188

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧