2017年04月12日
リビンマガジンBiz News

iRemoconと連携する高機能・高耐久なスマートロック開発

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


 家電制御盤を手掛けるグラモは10日、家電のリモコン信号を学習させることによって、
自宅や外出先からスマートフォン(iPhone/Android)で様々な家電をコントロールすることができる
家電製品制御装置「iRemocon」と連携するスマートロック製品「Glamo Smart Lock」を開発したと発表した。

大規模物件に対して導入・管理することを前提にしており、ハウスメーカー、
マンションデベロッパーなどの住宅関連企業向けに開発されたもの。

簡易交換型の従来のスマートロック製品とは異なり、大規模運用にも耐えるシリンダー交換型の強靭なスマートロック製品で、
「IoT」(モノがインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み)と
高い親和性を持った製品だ。

 「Glamo Smart Lock」はiRemoconと連携することで施錠・開錠に
連動して照明やテレビ、エアコンなどの家電制御を実行できる。
iRemocon経由で遠隔地からの施錠や施錠状態の確認が可能。

期限付きの複数のワンタイム錠の発行が行え、第三者に一時的に利用可能な鍵を発行することも可能。

セキュリティ面では、通信経路の暗号化やNFCカードの耐偽造性、筐体のメタル化等、
ソフト・ハード両面で強靭な設計を採用している。
「Glamo Smart Lock」を無理に解錠しようとしたり、
火事などによる異常な温度上昇を検知した場合、アラートを発し、特定の宛先に通知することができる。

 iRemoconとの連携だけでなく、グラモの展開する分電盤設置型電力計測器や
スマートメーターとの連携などのHEMS機能、床暖房や給湯器との連携、
ECHONET Lite制御機器といった各種製品とつながることで、様々なニーズにワンストップで対応することが可能。

素材は室外側がメタル、室内側は強化プラスチックと強靭な構造になっている。



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 523

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧