2017年04月12日
リビンマガジンBiz News

LIXIL、新工法を採用した「タイルデッキ」を6月発売

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

住宅設備大手のLIXILは6月1日から上質な大判タイルと新工法を採用した「タイルデッキ」を発売すると発表した。

 施工性に定評のある人工木デッキと同等の基礎部材(アルミフレーム)にタイルを接着剤張りする乾式工法を採用する。

乾式工法は、一般的なタイルの施工に用いる湿式工法に比べ、
モルタル施工や養生期間が不要なため省施工と工期の短縮が図れる特徴がある。
さらに、住宅の床下換気口をふさがず設置が可能なため、室内の床とデッキの高さをほぼ同じにすることができる。

タイルは600角の上質な大判タイルを使用。厚さ20mmと従来のタイルよりも厚く、
1800N/m2の荷重にも耐えられるように強度を高めた。カラーは「アイボリー」と「ブラウン」の2色。
リビングや外壁の色と合わせて選ぶことができる。
また、幕板は「ホワイト」「シャイングレー」「ブラック」の3色を取り揃えている。

タイルデッキのステップは2段まで設置可能で、敷地の広さや住宅の高さに合わせてレイアウトできる。

 オプションとしてワンタッチ施工で簡単に取付けできるLEDライン照明がある。
柔らかな印象を与える間接照明として、浮遊感を際立たせ、昼とは違った表情を演出する。

照明には、「グッドデザイン賞2016」や「iF デザイン賞 2017」などを受賞した「美彩シリーズ」の
「シンプルラインライト」を採用している。

価格は、ステップなしのもので税別34万2400円(サイズ:間口3600mm、出幅1800mm)、
L字ステップ納まり2段のもので税別53万4000円(サイズ:間口3600mm、出幅2400mm)。


※プレスリリースより



【スマイスターMagaZine】
不動産に関連した専門家による不動産情報メディア

スマイスターMagaZineでは、日々のニュースや不動産・住宅に関連した疑問や問題を取材を行い記事を書いております。

日本一の住宅メディアにするべく日々精進しております。

不動産についての疑問がございましたら、株式会社シースタイルまでご連絡ください。

売却査定も受け付けております。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 828

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧