2017年04月13日
リビンマガジンBiz News

JR10路線でマンションの資産価値が高い沿線を発表

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

マンションの相場情報サイトを運営するマンションマーケットが

資産価値が高い沿線の調査結果を発表した。


※プレスリリースより


発表によると、最も上昇率の高かった沿線は京浜東北線であった。

上昇率はプラス9.6%で、2位に入った埼京線の3.8%と2倍以上の差が付いた。


調査対象となった路線は、東京23区内にあり、駅数の多い「山手線」「京浜東北線」

「中央本線」「常磐線」「埼京線」「常磐・成田線」「京葉線」「総武線快速」「東北線」である。


調査方法は、運営サイトである「マンションマーケット」のデータを用いて、

JR線10路線の各駅徒歩10分圏内にある2007年に建てられたマンションの

平均㎡単価を算出し、2007年当時と2017年現在の価格を比較したものだ。


1位と2位以外の8路線はすべてマイナスとなっている。

しかし、マンション別の㎡単価を見てみると、京葉線以外の7路線には

2007年より2017年に価格が上昇しているマンションがあった。

価格が上昇しているマンションは少なくないようだ。


1位の京浜東北線沿線で最も上昇率が高かったマンションは、

田町駅の「キャピタルマークタワー」で、49.8%も上昇していた。

ランキングで最下位だった総武線快速でも、馬喰町駅の「アスコットパーク日本橋コモド」は

42.1%の上昇率であった。


【スマイスターMagaZine】
不動産に関連した専門家による不動産情報メディア

株式会社シースタイル

東京都中央区日本橋堀留町1-8-12  さくら堀留ビル8階(〒103-0012)
TEL:03-5847-8558  FAX:03-5847-8559

★土・日・祝も営業中!

スマイスターMagaZineでは、日々のニュースや不動産・住宅に関連した疑問や問題を取材を行い記事を書いております。

日本一の住宅メディアにするべく日々精進しております。

不動産についての疑問がございましたら、株式会社シースタイルまでご連絡ください。

売却査定も受け付けております。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 582

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧