2017年06月05日
リビンマガジンBiz News

東急電鉄、リノベ新ブランドで「日本一住みたい沿線」作りへ

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 東京急行電鉄はリノベーションマンションの新ブランド「ドレッセReno(リノ)」を立ち上げ、6月3日に第1号となる「ドレッセReno青葉台」のモデルルームをグランドオープンしたと発表した。


 同ブランドは、マンションを一棟丸ごとリノベーションしたもので、利便性、周辺環境に優れた良質な中古物件に適切なリノベーションを施すことで、値ごろな価格で購入できるというもの。
 加えて、入居後も新築マンション同様の30年の長期修繕計画を策定し、充実したアフターフォローを提供する。

 さらに専有部のリノベーションでは、お客自身がプランやコーディネート、素材を選択し組み合わせることで自分好みの部屋をつくることができるシステムとなっている。


 リノベーションプランは「じぶんMADE」をコンセプトに2コース用意されている。


 「オーダーメイドコース」では6タイプの中から間取りを選択後、マンション改修のリノベる社の専属プランナーとゼロから直接オリジナルの住居をプランニングするというもの。


 「パズルセレクトコース」では住居内を複数のブロックに分け、最大98通りの組み合わせパターンから好きな間取りを選択。その後、コーディネートを「ヴィンテージ」「いろどり」「ノームコア」の3つのスタイルから選択し、色や素材、仕様など、細部のデザインをパズルのように組みわせてオリジナルの居住空間をつくるというもの。


 今回第1号となる「ドレッセReno青葉台」は、田園都市線青葉台駅徒歩8分という好立地に位置する。
 築30年の中古マンションだが、リノベーションを施すことで販売価格は3780万円(64.52㎡)~と、近隣の新築物件と比較しても2~3割ほど安価な価格設定となっている。
 総戸数は44戸、間取りは1LDK~3LDKタイプ、専有面積は63.38㎡~65.16㎡、構造・規模は鉄筋コンクリート造で地上3階建、駐車場は19台。
 既存建物竣工年月は1987年10月で、共用部改修工事竣工は2018年3月を予定している。


 専有部のリノベーションは、リノベる社の設計施工により実施。
 お客の趣味やライフスタイル、家族構成に合わせたプランを提供することで、DINKS(子どもを持たない共働き夫婦)からファミリー層まで多様な入居者のニーズに応えることができる物件という。

 また、アウトドアメーカーと提携し、コミュニティ形成のためのイベント運営や、全契約者に対して防災備品(キャンプ用品)の提供などを行うという。



※プレスリリースより


 近年、中古物件を改修して新築相当の性能を加えるリノベーションへの注目度が高まっている。
 欧米に比べて3分の1以下と言われる日本の住宅平均寿命を延ばすだけでなく、新築物件と比較して安価に住宅を取得できるため、若年層の住宅購入のハードルを下げる方法としても注目を集めている。


 同社としては、若年層の多様なニーズに対応できるリノベーションマンションを安価に提供することで、若年層を沿線に流入、循環させる仕掛けづくりを行い、「日本一住みたい沿線」を実現します、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 430

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧