2017年06月08日
リビンマガジンBiz News

ハンファQセルズ、同社最小サイズ住宅用太陽電池モジュールを日本限定販売

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 韓国財閥ハンファグループの日本法人、ハンファQセルズジャパンは6月6日、住宅用太陽電池モジュールの主力機種「Q.PEAK-G4.1シリーズ」に同社最小サイズとなる32セルの新製品「Q.PEAK XS-G4.1」を日本国内限定で販売すると発表した。6月15日より出荷を開始する。



※プレスリリースより


 同社が今年2月に発売した60セルの「Q.PEAK-G4.1」と48セルの「Q.PEAK S-G4.1」に、今回32セルの新製品が加わることで、3サイズの太陽電池モジュールによる多様な組み合わせが可能となる。
 これにより住宅用の太陽電池モジュール商品がフルラインアップされた。



※プレスリリースより


 同社独自の高性能単結晶「Q.ANTUMセル」を搭載した同シリーズは、変換効率と実発電量の高さだけでなく、長期発電力や耐久性にも着目。新たに開発された出力安定化技術(Anti-LID)により長期間にわたって安定した出力の提供を可能にした。



※プレスリリースより

 
 年間セル生産能力1.6GWでフルオートメーション化された最新設備を備えた韓国工場で生産されることで、品質も安定しているのが特徴の1つ。

 公称最大出力は、60セルが300W、48セルが240Wで、いずれも同社従来製品と比べ出力が9%向上した。今回の新製品は公称最大出力160Wで、32セルサイズ製品では最高出力になるという。


 さらに、長期に安心して使えるように「25年間の出力保証(リニアワランティ・無償)」「15年間の長期安心システム保証(無償)」「災害補償10年」「日照補償1年」といった、国内最高レベルの各種保証・補償制度を用意していることも特徴だ。


 Q.ANTUMセルを搭載した今回の新製品は32枚のセル設計により、屋根スペースの有効活用と発電量の最大化を実現する。
 Q.ANTUMセルにより朝夕、曇りの時、そして秋や冬の低照度時期や高温になる夏場の晴天下など、実際の使用条件のもとで最大限の発電力を発揮するよう設計されている。


 同シリーズのモジュールの組み合わせにより、屋根面積をさらに無駄なく有効活用できる。
住宅屋根の有効面積をより活用することで、設置する太陽電池モジュールの容量を最大化し発電量を拡大する。複合的な寄棟屋根などで特に効果を発揮するほか、一般的な切妻屋根や寄棟屋根でも設置容量が向上する。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 399

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧