2017年06月14日
リビンマガジンBiz News

インベスターズクラウド、ロボットホームの賃貸住宅キットがOEM提供へ

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 賃貸アパート経営支援のインベスターズクラウドの子会社、Robot Home(ロボットホーム)は6月12日、「賃貸住宅キット」のOEM提供を行うことが決定したと発表した。
 他社への「賃貸住宅キット」のOEM提供は初となる。



概念図         ※プレスリリースより  


 提供先は、JASDAQ上場企業でマンション開発や不動産経営のトータルサポートを行うデュアルタップで、自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズの企画、開発を行っている。


 そもそも「賃貸住宅キット」とは、誰でも手軽にIoT(あらゆるものがインターネットにつながる)の賃貸住宅を提供できるIoTサービス。


 「賃貸住宅キット」を活用することで、入居者は生活の利便性と安全性を高めるとともに、室内のセントラルコントローラーを活用した多様なライフスタイルの実現が可能になる。

 また、賃貸経営を行うオーナーは、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」などが可能だ。


 「賃貸住宅キット」は、様々な機能を搭載できるタブレット型ゲートウェイのセントラルコントローラーをはじめ、開閉・揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティ、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、外出先でも受話応答が可能なドアホン(オプション)、3つの方法で解錠できるスマートロック(オプション)を搭載しており、賃貸住宅のIoT化を推進するもの。



※プレスリリースより


 今回、デュアルタップに提供する「デュアルタップキット」は、今冬をメドに自社ブランドマンション「XEBEC」へ導入する計画という。

 「XEBEC」は「デュアルタップキット」の導入により、IoTを活用した次世代型賃貸住宅となる。


 室内に設置されたセントラルコントローラーは、各種IoT機器の操作だけでなく、コンシェルジュによる水漏れなどのトラブルや退去時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートする。


 同社では、2018年12月までにアパート経営を始めたい人にオンライン上で土地を紹介し、デザインアパートの提案・建築・賃貸管理のワンストップサービスを提供するアパート経営プラットフォーム「TATERU」の物件において1万室の供給を目指し、OEM提供における「賃貸住宅キット」の普及と不動産業界のIoT活用の促進・活性化を図っていきたい、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 372

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧