2017年06月22日
リビンマガジンBiz News

FNJ、スマートロックを活用した内見予約サービスを7月1日から販売開始

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 東京電力グループでマンション向け通信サービスを手がけるファミリーネット・ジャパン(FNJ)は6月21日、スマートロックを活用した内見予約サービスを7月1日から販売開始すると発表した。



※プレスリリースより


 同サービスは、賃貸の空室対策で困っている建物オーナーや不動産管理会社へ向けたもの。
 サービスの導入により、「今すぐ物件を見たい」「仕事帰りに物件を見たい」といった内見希望者のあらゆるニーズに応え、早期の入居者確保をサポートするという。また、スマートフォン(スマホ)で操作できる玄関錠(スマートロック)を活用し、入居者の住満足度を向上させて長期の入居を促し、入居率の向上を図ることが狙い。



※プレスリリースより


 同社が提供する全戸一括型インターネットを基盤に、IoT(あらゆるモノがインターネットにつながる)技術を活用したスマートロックや、独自開発した内見予約システムをセットにして提供する。


 具体的に述べると、電話での予約手続きが現在主流となっているが、同サービスではインターネットに繋がるスマホやパソコンから簡単に行える。
 内見希望者のスマホへ届く時限式の電子キー(招待メール)を使って予約時間帯の間だけ玄関扉を開閉操作できるので、不動産管理会社は仲介会社との鍵の受け渡しを省け、業務の効率が図れる。

 
 内見希望者だけで物件訪問を行った場合でも、管理画面から施錠・解錠記録を確認することができる。

 入居者の利便性を高める設備として入居者のスマホが鍵代わりとなり、玄関扉を開閉操作できる。



※プレスリリースより


 また、外出先からの遠隔操作も可能という。

 玄関扉の開閉記録をスマホへ通知でき、子供の帰宅確認や、離れて暮らす親の安否確認にも使える。

 新築・既存を問わず、あらゆる玄関扉に取り付けが可能。

 玄関扉のロックつまみに被せるタイプなので、新たに鍵穴を開ける必要がない。

 また設置取り付けは同社が行うので、お客の作業は不要という。


 今後の展開について、同社では、賃貸住宅の資産価値向上に貢献していくため、本サービスを皮切りとして、新たなIoTサービスの提供を2017年度中に予定しています、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 318

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧