2017年06月29日
リビンマガジンBiz News

レオパレス21、石川県のIパス制度に協賛、県移住者に特典付与へ

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 不動産賃貸業大手のレオパレス21は石川県が6月29日からスタートさせた「いしかわ移住パスポート(I〈アイ〉パス)」制度に協賛すると発表した。これは、同社の地域社会への貢献活動の一環として行われるもの。




(石川県HPより引用)   ※プレスリリースより


 近年、石川県ではU・Iターンの促進や子育て支援などの地域活性化の取り組みに加え、2015年3月の北陸新幹線が開業して以降、多くの企業が石川県に本社機能の移転や拡充、支店開設、工場建設などで進出するといった追い風もあり、同制度を後押しする。


 そうした中で、石川県内の同社物件の入居率は90%(2017年5月末現在)を超え、高い入居率を維持しているという。同社では、法人にも寮や社宅の利用として部屋を提供しており、特に石川県における法人利用率は北陸新幹線開業前の55%から約70%まで伸びているということも、協賛する要因につながっている。


 そもそも同制度は、他県から石川県内への移住を促進することを目的に創設されたもので、移住希望者・移住者に対し、移住の際にかかる一時的な経費の負担軽減のために、協力事業者からの各種割引サービスや特典を提供するというもの。県への移住希望者・移住者は、いしかわ就職・定住総合サポートセンター(ILAC)などでIパスの取得を申請する。Iパス取得後に、制度の趣旨に賛同した各企業から、移住の際にかかる費用の割引サービスや特典を受けることができる。


 同社では、Iパス取得者に対して県内の同社物件における賃貸契約の際、「契約金から2万円を値引き」するという。ほかにも、敷金は30㎡未満の物件の場合は不要で、礼金は家賃の1~2カ月分(契約時のみ)などの特典があるという。


 同制度の交付要件は、次の2点になる。


 1.県外から石川県へ移住を希望する人
 2.石川県内へ移住して1年以内の人


 申請時には、免許証や住民票の写しなど証拠書類の提示または提出が必要となる。
 有効期限は、パスポートの交付日から3年間で、移住後の人は2年間となる。


 Iパスの入手について、ILACでの移住相談の際に申込書を提出する。
 電話相談の場合は、郵送による提出を行う。
 ILACで交付対象者であることが確認された後、郵送で交付される。


 Iパスの利用について、協力事業者からの特典を受ける際にIパスを提示する。
 予約が必要なものは、Iパスの特典を利用する旨を伝え、利用時に提示する。


 同社では、石川県への高まる移住希望に対するニーズに応えるべく、今後とも住まいの面から引き続きサポートを行い、石川県の地域活性化に貢献してまいります、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 350

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧