2017年06月30日
リビンマガジンBiz News

阪急不動産、リノベ済住宅ブランド「Styles」シリーズを展開へ

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 阪急阪神ホールディングス子会社の阪急不動産は6月29日、リノベーション済み住宅の新ブランド「Styles(スタイルズ)」を立ち上げると発表した。

 これは、買い取りリノベーション再販事業として行われるもので、物件選定、空間設計、施工管理からアフターサービスに至るまで同社がトータルプロデュースした一戸単位のリノベーション済み住宅として販売するというもの。


 新築分譲マンションブランド「geo(ジオ)」、一棟まるごとリノベーションブランド「Brod(ブロド)」に続く新ブランドとして展開していく。



※プレスリリースより


 近年、空き家の増加に伴う住宅ストックの活用は社会的な課題になってきている。
 その一方で、立地の利便性や周辺環境の豊かさなど、住宅として高いポテンシャルを持っているにもかかわらず、中古住宅であるというだけで「新築より劣るもの」として敬遠されてしまう傾向がまだあるという。


 同社では、この課題に対するソリューションの1つとして、グループ電鉄沿線の価値向上に貢献してきたこれまでの住宅開発のノウハウを活かし、リノベーション住宅推進協議会が定める優良なリノベーションが施された既存住宅「適合リノベーションR1住宅」の取得、業界最高水準の保証内容など、従来の中古住宅に対するイメージを払拭したものとして、「Styles」を提案していくという。



現在販売中の物件「ヴェルドール六甲」      ※プレスリリースより

 

 同社では、「阪急不動産だから出来る3つの『S』」を掲げる。





※プレスリリースより


 まずは「Select(セレクト)」。
 阪急独自のチェックリストによる物件選定を行う。周辺環境から共用部の管理状況、建物の耐震性や修繕履歴まで、リノベーション済住宅として販売するのに相応しい建物かどうかを住まいのプロの目で詳細に調査し、「阪急品質」を約束できる物件だけを選定するという。


 次は「Supply(サプライ)」。
 新築分譲マンションブランド「geo」のノウハウを活かした住まいづくりを行う。「geo」で培ってきた実績と経験に基づく独自の品質基準と検査体制に加え、リノベーション住宅推進協議会の統一基準に則ったリノベーションを施した「適合リノベーションR1住宅」を提供する。


 最後は「Support(サポート)」。
 阪急ならではの安心を提供する長期サポートをつける。独自のアフターサービス規準を設け、部位別に保証年数と範囲を明確化する。リノベーションで新設した重要インフラ部分に対して、最長10年の延長保証を開始。同時に住設機器、給湯器、エコキュートなどの5年保証をお客に無償で提供する住設機器保証延長も開始し、業界最高水準の保証体制で入居後の不具合やトラブルにも迅速に対応する。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 301

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧