2017年07月05日
リビンマガジンBiz News

大東建託、家族向け賃貸住宅REFLA販売、IoTモニターキャンペーン実施

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 大東建託は7月3日からカップル・ファミリー向けの賃貸住宅「REFLA(リフラ)」の販売を開始したと発表した。初年度の販売目標は100棟を掲げる。



外観イメージ     ※プレスリリースより


 これは、「著名建築家と実現する“進化する賃貸住宅”プロジェクト」の事業化商品第2弾として同日に販売された賃貸住宅「Prototype 02(プロトタイプ ゼロツー)」のコンセプトを継承して同社がオリジナルに開発した賃貸住宅。建築家で「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO」の原田真宏、原田麻魚両氏によるコラボ企画として商品開発されたもの。


 構造は木造2×4工法・2階建て、間取り・専有面積は1階(1LDK/54.64㎡)・2階(2LDK/60㎡+階段2.03㎡)。


 現代のストレス社会で暮らす入居者に対して、日々の暮らしの中で癒しを感じてもらうことを商品コンセプトとしている。室内には癒しアイテムとして、“木のぬくもり”が感じられるデザイン、“リビング”と“そと”が一体となった開放感のある“アウトドアリビング”などを設定している。



内観イメージ     ※プレスリリースより


 今回、同商品ではIoT(あらゆるモノがインターネットにつながる)モニターキャンペーンを実施する。





※プレスリリースより

 
 入居者に室内のIoT機器を実際に使用してもらい、新たな暮らしのスタイルの検証を行うという。

 入居者のスマートフォン(スマホ)などの電子機器に専用のアプリをインストールし、外出先から部屋に設置したルームマスターを介して、家電を赤外線コントロールすることが可能となる。


 遠隔操作や、生活のシーンに合わせた自分好みのカスタマイズ設定により快適な生活を実現する。
 例えば、目覚めの時に起きる時間をセットして、照明やお気に入りの曲で気持ちの良い朝の目覚めをサポート。外出時に家で留守番をしているペットの様子をスマホで確認したり、お掃除ロボットを操作して、帰宅までに掃除を完了させるといったことも可能だ。

 帰宅時間に合わせてエアコンや照明を調節し、部屋を快適な状態にしておくこともできる。
 就寝時に照明や空調などの家電を一括操作して、自分好みの快適な睡眠環境を創出する。


 IoT機器は期間限定で無償設置し、操作対象となる家電については入居者が持ち込むことを想定しているという。


 同社では、今後も入居者様が上質で快適な暮らしができるような住まいを提案してまいります、としている。


■公式サイトURL
 http://mirai-ken.com/collabo/archi02/004/

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1014

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧