2017年07月11日
リビンマガジンBiz News

ライフデザイン・カバヤ、制振装置MIRAIE導入、既存装置と入れ替えへ

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 岡山県・広島県東部を拠点とした住宅メーカーのライフデザイン・カバヤは7月10日、住友ゴム工業の住宅用制震ダンパー「MIRAIE(ミライエ)」を同社オリジナルの新築住宅への導入を開始したと発表した。
 7月1日から既存制振措置を住友ゴム工業のMIRAIEに切り替えを行ったという。


 このMIRAIEとは、住友ゴム独自の制振技術の結晶「高減衰ゴム」で、最大95%の揺れを吸収するというもの。レース用タイヤの研究・開発で培った先進技術から誕生した高減衰ゴムは、現在、高層ビルや橋梁、業務用IT機器の制振装置など幅広い分野で実用化され、応用性に優れているという。




※プレスリリースより


 高減衰ゴムは「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続する。





※プレスリリースより


 今年1月に木造2階建て住宅モデルによる振動台実験を行ったが、耐震等級3相当の木造建築物に対して、熊本地方で大きな被害を出した熊本地震の前震級の地震波を入力。さらに震度7の本震級の地震波を繰り返し入力し、「MIRAIE装着」と「MIRAIE非装着」で、建物の上層と下層の揺れ幅(層間変位)を測定したところ、地震の揺れ幅を最大95%低減することが実証されたという。





※プレスリリースより


 今回、MIRAIEを導入する同社のオリジナル新築住宅は「グランヅ事業部」「エス・バイ・エル・カバヤ事業部」「カバヤホーム事業部」の3事業部。それぞれ構造や価格帯、コンセプトが異なっているが、以下の3事業部の商品にMIRAIEを導入させるという。


 グランヅ事業部では、「2x6パネル工法」と「木造軸組工法」で実現した「睡眠健康住宅」。キーワードは「スリープファースト 眠りから始まる暮らし」で、求めたのは上質な睡眠と住環境の融合。快眠プロデューサーの岩田アリチカ氏が監修を行っている。


 エス・バイ・エル・カバヤ事業部では、「KABAYA2x4」。ヤマダ・エスバイエルホームの販売代理店として「木質パネル一体工法(認定工法)」を販売していたが、2016年4月からオリジナルの2x4(ツーバイフォー)パネルを使用した同商品を発売した。意匠性の高い注文住宅を低価格で提供する商品。低価格の秘密は「直接施工・直接管理」で、建設会社や工務店等、建築を外部に請け負わせるのではなく、自社施工することで、コストダウンと現場の一元管理も可能とした。


 カバヤホーム事業部では、「カバヤホームブランド」。在来軸組工法をベースに7つのベースデザイン、4つの構造タイプ、そして標準的な仕様からタイルを張った重厚な4つの仕様まで、112通りの中から理想の暮らしが見つかる「カバヤ・フレックスシステム」を採用。主に郊外に住宅展示場を配置し、名称を「カバヤの森」として展開中という。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 802

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧