2017年07月18日
リビンマガジンBiz News

DGC、マンション所有者住宅資産管理サービス「家いくら?」ベータ版提供

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 デジタルガレージグループの総合広告代理店で不動産マーケティングコンサルティングなどを手掛けるDGコミュニケーションズ(DGC)は7月13日、マンション所有者を対象とした住宅資産管理サービス「家いくら?」のベータ版をリリースしたと発表した。



※プレスリリースより


 同社が1970年代から保有する分譲マンションのビッグデータと、これまで培ってきたマーケティングナレッジに、同じデジタルガレージグループで、Webサイトのコンテンツやナビゲーションを最適化するマーケティングソリューションツールの提供などを行うナビプラスが有する機械学習技術を用いることで、分譲マンションの現在の中古流通価格を推定するエンジンを開発したという。


 マンションの所有者を対象に無料で公開し、住宅資産管理サービス「家いくら?」ベータ版として、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の1都4県からサービスをスタートさせる。以降は、同社の支社拠点(札幌・仙台・東海・関西・九州)があるエリアへの拡大を順次予定しているという。


 同サービスは、「住」「暮らし」に関わるインフラ化を行うことを目指す。

 
 会員サービス(登録は無料)として「住宅資産管理・住居費管理サービス」を開発し、会員は所有する住戸のローン情報や、管理費など住宅に関連する費用を登録することで、住居に関連する毎月の費用や、いま売却した場合の売却益(個人の住宅資産)をグラフなどでわかりやすく会員向けに提供するという。


 もう少し具体的に言うと、中古マンションの推定価格を調べることができる。しかも、過去3年分の首都圏190万戸分のデータを知ることができる。次に、毎月自動更新されるので自分の住宅資産が今現在いくらかがわかる。そして、マンションにかかるランニングコストがカテゴリーごとに把握できる。しかも毎月、毎年ごとのデータがグラフ化される。


 現在の中古マンションのストック数は600万戸以上とも言われているが、同社では、生活スタイルの変化が及ぼす「住戸内における技術進化」「住戸外で起こる進化」を連携させ、「住」「暮らし」をデザインするサービス・ソリューションの提供を行っていく、としている。


■「家いくら?」β版
 https://ieikura.com/

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 388

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧