2017年07月20日
リビンマガジンBiz News

LIFULL、国交省モデル事業の空き家バンク9月始動、自治体登録は7月開始

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 住宅・不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S(ライフル ホームズ)」の企画・運営を手がけるLIFULLは7月19日、同社運営で9月よりベータ版のサービス提供を開始する情報プラットフォーム「LIFULL HOME'S空き家バンク」が自治体からの参加登録の受付を開始したと発表した。これにより参加自治体が管理・運営する全国の空き地・空き家バンクの情報のデータ統合を進める。


 併せて、全国空き家バンク推進機構と提携すると同日リリースした。





ロゴ    ※プレスリリースより


 これは、国土交通省「全国版空き地・空き家バンクの構築運営に関するモデル事業」の一環として構築を進めているもので、地方自治体が募集する空き家、空き地と、それらの利活用を希望するユーザーをマッチングする情報プラットフォーム。自治体向けに空き家、空き地の情報を登録、編集、公開する管理システムを無償提供するという。


 これにより、現在各自治体が個別に公開している空き家・空き地バンクを全国で一元化し、物件の利活用を希望するユーザーが統一されたフォーマットで検索、比較できるようになる。


 今回の提携に基づき、全国空き家バンク推進機構が有する自治体とのネットワークや知見と、同社運営の住宅・不動産ポータルサイトで培った情報プラットフォーム構築・運営のノウハウなどを持ち寄り、「LIFULL HOME'S空き家バンク」を通じて空き家、空き地の有効活用を加速させていくとしている。


 現在、各地方自治体が個別に運営している空き家・空き地バンクでは、利用者が横断的な情報収集や比較をすることが難しく、課題になっているという。この解消のために「全国版空き地・空き家バンク」の構築では、20年間のサイト運営で培ってきた技術やノウハウ、全国の不動産事業者とのネットワークが存分に活かせるとみている。

 
 同社はモデル事業の実施事業者として今年6月採択され、提携した全国空き家バンク推進機構と協働し、国交省とも連携しながら、全国の地方自治体に対して「LIFULL HOME'S空き家バンク」への参加呼びかけを行っていく。そして、全国に点在する空き家や空き地の情報を一元化するプラットフォーム「LIFULL HOME'S空き家バンク」の構築により、有休不動産の利活用を促進させる。


 さらには、同社グループで準備を進めている、不動産特化型クラウドファンディングプラットフォームや民泊マッチングサービスとの連携により、社会課題の解決と不動産市場の活性化に貢献していく、としている。


■LIFULL HOME'S空き家バンク 自治体向け参加登録フォーム
 https://f.msgs.jp/webapp/form/20064_srdb_1/index.do

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 535

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧