2017年07月21日
リビンマガジンBiz News

ソニー不動産とヤフー、おうちダイレクトで新たに9市を対応エリアに追加

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 ソニー子会社のソニー不動産は7月20日、情報ポータルサイト運営のヤフーと共同で企画・運営する不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」に東京・埼玉・千葉の9市を売り出し対応エリアとして新たに追加したと発表した。



※プレスリリースより


 以前より対応していたエリアは東京都の23区、神奈川県では横浜市、川崎市だけであったが、今回新たに追加されたエリアは東京都では武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、埼玉県では川口市、蕨市、戸田市、千葉県では浦安市、市川市がそれぞれ対象地域となる。


 そもそもおうちダイレクトは、不動産会社からの営業や干渉を受けずにマイペースで不動産売買を進められるのが特徴で、分からないところはプロの不動産コーディネーターのサポートを受けながら納得いくまで探せる柔軟性の高いサービス。マンション所有者が自身の物件を登録する「オーナー登録」を行うことで、自身のマンションのシステム推定価格を知ることができる。


 このおうちダイレクトでは、売主の状況に応じて選択が可能な3つの売却プランを提供している。


 同社のエージェントが売主の立場に立って高値売却を追求する「おまかせ売却プラン」(売却仲介手数料あり)。査定から最短10営業日で同社が物件を買い取る「買取プラン」(手数料0円)。マンションの所有者(売主)自身が価格を自由に設定し、不動産仲介会社を介することなくWEBサイト上で自由にマンションを売り出すことができる「セルフ売却プラン」の3つのプランから売却方法を選択できる。


 そのうちの1つ「セルフ売却プラン」が利用できる売り出し対応エリアは、これまで東京23区と横浜市、川崎市に限定していたが、今回「おうちダイレクト」上でオーナー登録者が多いエリアの9市を追加した。


 両社では、「おうちダイレクト」は、今後も売り出し対応エリアを拡大させていくことで、より多くの方の不動産売却を支援する不動産売買プラットフォームとして、日本国内の中古住宅流通市場の活性化に貢献していきます、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 393

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧