2017年08月10日
リビンマガジンBiz News

ハプティック、阪急不と賃貸リノベパッケージを共同開発、空き家解消を

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 オリジナルリノベーションブランド「TOMOS」などを手掛けるハプティックは8月4日、阪急不動産と業務提携したと発表した。

 併せて、両社で共同開発した空き家・空室解消のためのサポート「賃貸リノベーションパッケージ」を阪急阪神沿線で開始すると発表した。



※プレスリリースより


 阪急不動産は、2016年9月から阪急阪神沿線の空き家に悩むオーナーをサポートする新サービス「阪急の空家サポート」をスタートさせていた。


 今回は「阪急の空家サポート」の新メニューの1つとして、同社と「賃貸リノベーションパッケージ」を共同開発した。


 この「賃貸リノベーションパッケージ」では、同社運営の賃貸仲介サイト「goodroom」で、リノベーション工事開始時から入居者を募集する。


 同社がこれまで施工した物件では、工事完成前の入居申し込みが約6割にのぼるという。
 

 また、工事決定前に同サイトで入居者を募集し、入居者が決まった後にリノベーションを行う「入居者付きリノベーション」サービスも併せて行うことで、空室対策に悩むオーナーにも安心して利用してもらえるという。



※プレスリリースより


 「賃貸リノベーションパッケージ」の特徴として、リノベ−ションが初めてという人でも導入しやすいハーフリノベ−ションプランと、しっかりとリノベーションがしたい人向けのフルリノベ−ションプランの2プランを用意している点になる。 

 

 そして、賃貸ではめずらしい無垢の床材を使用したリノベーションという点も特徴として挙げられる。


 ほかに、見積り段階でリノベーション後の家賃査定を行う。それにより、入居後の費用対効果を把握した上でリノベーションを行うことが可能という点が特徴になる。


 両社では、永く沿線開発・不動産事業に携わってきた阪急不動産と、施工から募集までワンストップで賃貸リノベ−ションを行うハプティックの強みを活かし、阪急阪神沿線の活性化に貢献することで、将来的に年間50件の施工を目指します、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 340

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧