2017年09月12日
リビンマガジンBiz News

百戦錬磨、JTBと資本業務提携、予約サイト内でアフィリエイト販売開始

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 民泊サービスを企画提供する百戦錬磨は9月11日、旅行大手のジェイティービー(JTB)との間で包括的業務提携を締結したと発表した。


 古民家・空き家などの遊休資産を宿泊サービス提供施設として活用する民泊サービス事業で広範にわたって提携を行うことで合意、JTBによる同社への資本参加も行う。JTBの事業資源を相互に活用することで、地域活性化を目的とした民泊事業の推進を目指す。


 まず、発表同日からJTBグループが提供する訪日外国人旅行者向け予約サイト「JAPANiCAN.com(ジャパニカン・ドット・コム)」と、同社の公認民泊予約サイト「STAY JAPAN」が連携し、JAPANiCANサイト内でのアフィリエイト販売を開始した。



公認民泊予約サイト「STAY JAPAN」     ※プレスリリースより


 近年、国内では少子高齢化、人口減少に伴う空き家の急増や、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック大会を控え、訪日外国人旅行者を迎える宿泊施設不足が指摘されている。


 そうしたなか、今年6月に住宅宿泊事業法が成立したことで「空き家」が「民泊施設」として宿泊施設不足を解消し、かつ地域の魅力を高めるコンテンツとなることも期待されている。

 
 今回の提携はこうした社会情勢や国策として推進されている宿泊施設不足解消の動きを受けてのもの。


 同社は2012年の創業から合法的に民泊事業を推進してきた。
 今回の提携を機に、同社の公認民泊への普及促進、運営・開発で培ってきたノウハウや経験と、JTBの持つ地域交流事業を通じて培った観光振興に関するノウハウや、法人・個人客への営業ネットワークなどを活用し、両社の共通目的である「遊休資産」×「民泊」による地域活性化を目指し、お互いの強みを活かしながら協業する。


 具体的な提携内容は次の4点になる。


 ①民泊の活用による地域活性化や空き家、古民家等の遊休資産の宿泊施設としての利活用に関する自治体などへの地域開発コンサルティング
 ②民泊サービス提供事業者の人財育成及び施設運営サポート
 ③民泊サービスの販売支援及びプロモーション支援
 ④イベント民泊の推進


 同社では、増加するインバウンド宿泊需要に対して日本での民泊情報等を紹介することで、訪日外国人旅行者のさらなる誘客を図り、交流を促進してまいります、としている。


■公認民泊予約サイト「STAY JAPAN」         URL:https://stayjapan.com/

 訪日外国人旅行者向け予約サイト「JAPANiCAN.com」  URL:http://www.japanican.com/en/


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 327

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧