2017年09月26日
リビンマガジンBiz News

レオパレス21、AIチャットで回答するLEO SUPPORTサービス10月中旬公開

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

 不動産賃貸業大手のレオパレス21は9月25日、入居者向けの生活サポートサービスとして新コンテンツ「LEO SUPPORT(レオサポート)」を開発、10月15日より公開すると発表した。



チャットタイプ 対話イメージ  ※プレスリリースより


 これは、AI(人工知能)を使って、入居者からの質問などをチャット形式で回答するというサービス。

 
 これまで同社が蓄積してきた入居者からの相談・質問の膨大なデータをもとに構築したよくある質問(FAQ)と、AI対話エンジンを活用して、お客の質問にAIチャットで回答するコンテンツとなる。


 今回、ソフトウェア開発・人工知能事業などを手掛けるAI insideと、音声認識技術「AmiVoice(アミボイス)」を組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発などを行うアドバンスド・メディアとの共同開発によるもので、同コンテンツは、入居者の生活を総合的にサポートする入居者専用アプリ「LEO LIFE」へ搭載されるという。


 同コンテンツでは、入居者からの部屋に関する相談や、各種サービスの問い合わせ・手続きなどの質問に対し、同社マスコットキャラクター「レオパリスくん」がフレンドリーに回答する。



マスコットキャラクター「レオパリスくん」

※プレスリリースより


 この対話を通して解決に導く「チャットタイプ」と、一問一答形式の「掲示板タイプ」の2種類を用意する。



掲示板タイプ 対話イメージ  ※プレスリリースより


 同コンテンツの基本性能は次の6つ。


①サポート対話機能
②雑談対話機能
③リンク機能(WebサイトのFAQへのリンク)
④メモ機能(質問した内容の保存が可能)
⑤過去の履歴、回答検索機能
⑥背景設定機能


 複雑な質問については、レオパリスくんが質問を投げかけ、原因や適切な回答を絞り、回答の精度を高めていくという。これらの回答をデータとして蓄積していくことで、AI対話エンジンの精度を向上させ、入居者の求めている回答をいち早く提示し、入居者とのより良い関係性を構築してくという。


 そのほかに、雑談対話機能・会話履歴参照機能・回答保存機能・背景設定機能など、入居者の生活をサポートする基本機能を充実させることで、入居者の利便性の向上を目指す、としている。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 568

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧