2020年03月13日
リビンマガジンBiz News

リコー 室内撮影に向いた360°カメラのビジネスモデル 3月19日に発売開始

リビンマガジンBiz News

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

リコー 室内撮影に向いた360°カメラのビジネスモデル 3月19日に発売開始



「RICOH THETA SC2 for Business」(プレスリリースより)


リコーは、「RICOH THETA SC2 for Business」の発売日を3月19日(木)と発表した。


2020年3月中旬発売予定としてご案内しておりました、ビジネスシーンで最適な機能を搭載した「RICOH THETA SC2 for Business」の発売日が下記の通り決定しましたのでお知らせいたします。


「RICOH THETA SC2 for Business」は、マンションの室内撮影で使われている「RICOH THETA SC2」のビジネス用途向けのモデルだ。約1400万画素に相当する360°の全天球静止画と、4K相当、30fps(フレーム/秒)の滑らかで臨場感あふれる360°の全天球動画撮影に対応する。本体下部の状態表示OLED(有機ELディスプレイ)により、設定モードや電池残量などの各種情報が一目で確認できるほか、セルフタイマーモードへの切り替えボタンにより、カメラ単体での操作がしやすくなっている。


グレーの本体色はビジネス向けモデルだけで、室内・車内の撮影に適したHDR撮影の設定で撮影ができるプリセット「Room」を搭載した。「Room」使用時にはフロントレンズとリアレンズで時間差(Time Shift)をつけて撮影するセルフタイマー機能が使える。不動産ビジネスでの室内撮影の際に、使い勝手のよいモデルとなっている。


同製品のシリーズはVRを活用した仲介などで多用されている。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 230

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧