2016年10月03日
曽根 惠子

実例 農地を継がない息子。農地はどうする?

曽根 惠子

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

事例【活用】農業は縮小し、畑に賃貸住宅を建てた松岡さん
[ご家族の状況]
依頼者   松岡さん(男性・60才代)・職業 農業、不動産賃貸業 
家族関係  松岡さん(本人)、妻(60才代) 長男(40才代) 長女(40才代)
家系図 別紙
財産の内容 自宅、アパート、畑(宅地、生産緑地)
[課題]子供は大企業のサラリーマン。農業は継がない?!
代々の農家の松岡さんは、父親の相続時に1億円近い納税額となり、2か所の土地を売却しなければなりませんでした。
その経験もあり、土地を守っていきたいと痛感され、自分の相続の為の節税対策をしようと考えました。
松岡さんは夫婦で農業を続けてこられましたが、高齢になるにつれ農作業は負担になってきています。
会社員の長男と嫁いだ長女が農業を続けることも大変だと感じ、農業を縮小していきたいと考えておられました。

父親が生前対策として建てたアパートは築20年を経過し、間取りも建物も古くなって、次の対策を検討する時期も

きていました。


[対策]農業を縮小する手もあり。農地を残すなら、土地活用。

自宅に隣接する畑はビニールハウスで野菜を作り、即売所にしていますが、他にも広い畑があり、農業経営には大きな影響は

ありません。

今後も土地を残すためにも安定した賃貸事業をして収益を確保すると同時に松岡さん自身の相続発生時の相続税節税を提案し

ました。近隣の市場調査を行って提案した賃貸住宅は1棟の中に1K、1DK,LDKと間取りにバリエーションを付け、周辺の

ファミリータイプの賃貸物件との差別化を図り、更なる特色をもたせるために「オール電化でペットが飼える賃貸マンション」

をコンセプトにしました。

オール電化として、電気温水器とIHヒーターを採用しました。ペットは室内犬一匹を想定し、内装もペットがいても傷が付き

にくい素材のものを選択するなど修繕費が増えないような工夫も加えました。

総事業費は2億5000万円で、相続税節税対策のため全額金融機関から借入れをしました。全24世帯の毎月の家賃収入は

175万円返済は95万円、差し引きすると手元に毎月80万円(45%)が残り、年間で960万円の収入増が実現できました。

また相続税の節税効果は9540万円となり、賃貸事業の収益で納税資金を準備し、土地を残して相続を乗り切れる見通しが

つきました。


◇活用による評価減◇



  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 589

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧