2017年07月26日
リビンマガジンBiz編集部

不動産の売買時、あと100万円得する方法をシーン別で紹介!

リビンマガジンBiz編集部

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産を「あと100万円安く買いたい…!」「あと100万円たかく売りたい…!」と考えている人必読のまとめ記事です。購入時・売却時のシーン別に、不動産の専門家が「あと100万円だけ得する」方法をご紹介します。



【家・不動産の購入編】


家をあと100万円安く買いたい!プロが教える値引き術



近藤FP事務所 近藤喜隆代表によると、気に入った家を見つけて購入する際、売主や不動産会社との値引き交渉で成功するには3つの秘訣があるそうです。

1.予算をしっかり立て、その根拠を示す

2.どれだけ欲しいか熱意を示す

3.相手の立場に立つ


売主や不動産会社と、良好な関係性を築くことで、値引きの交渉をスムーズに行うことができます。



家を購入する前の最終チェック!住宅ローンで100万円得する方法とは?




COCO PLAN 藤井亜也代表に、住宅ローンにおいて100万円得する方法を紹介してもらいました。住宅ローンには「良いローン」と「悪いローン」があります。「良いローン」とは、返済率や金利がともに低い住宅ローンを指すそうです。


例えば、2,700万円を借り入れた場合、金利が1%違うことで総返済額に200万円の差が出ます。


また、頭金を購入価格の1割以上用意することで、融資の割合を下げて金利を低くする方法も紹介しています。



【家・不動産の売却編】


知らなきゃ100万円損する!?差がつく不動産査定のポイントとは?




不動産をできるだけ高く売るためには、不動産会社に査定額を高く見積もってもらうことが、最初のポイントです。

不動産サポートオフィス 秋津智幸代表に、売主ができる「不動産の査定額があと100万円高くなるポイント」を紹介してもらいました。


まず、購入希望者も気にする外壁や天井、水回りを徹底的に綺麗し、「大切に家を使っている印象」を与えることができます。

また、壊れている設備の修繕も重要です。

・窓や扉に凹みや歪みがないか

・壁紙は剝がされていないか

・給湯器やガスレンジなどの設備に故障や不具合はないか

など、細かい部分もチェックしましょう。



売り急いでいる人が買い叩かれない方法とは


不動産を売りたいと考えている方の中には、期限が決まっておりすぐに売却したいと考えている人もいます。そういった場合、不動産会社に買い取ってもらう方法があるのですが、足元を見られ安く買われてしまいがちです。FFP不動産コンサルティング 藤本元純代表に、そういった際に100万円UPして売る方法を聞きました。


「入札」という言葉を使わない。といった、ちょっとした言葉選びのテクニックや、最低限用意するべき資料を活用して、より高く買い取ってもらう方法を紹介しています。



不動産売却時に100万円以上節税する注意点




不動産の売却を完了した後に発生する税金に関しても、100万円以上節税するポイントがあります。税理士法人レディング 木下勇人代表に、売却時に100万円以上節税する方法を紹介してもらいました。


「取得費」がわからない場合に発生してしまう損失や、売却時の特別控除に関して詳しく解説してもらいました。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 532

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧