2016年12月13日
リビン総研(~2018.11.27)

【調査】不動産売却、自分1人で決断した人が31.4%!

リビン総研(~2018.11.27)

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

不動産売却、自分1人で決断した人が31.4%!

一番相談するのは「夫婦」50.8%だが、「誰にも相談しない」が2位に。
売却意志がある人は「ネットリサーチ」「ネット査定」からスタート



不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、「不動産売却の経験がある・意志がある」という30~60代の全国500人を対象に、「不動産売却のパートナー選び」についての調査を行いました。



【調査結果サマリー】
ポイント1 売却を相談する相手は「夫婦」50.8%に続き、

      「誰にも相談しない」が31.4%で2位。
ポイント2 業者を選んだ決め手は価格よりも、

      「信頼できる営業担当」「地元の不動産に精通」。
ポイント3 売却を検討する時は、まず「ネットでリサーチ」。

      「ネット査定依頼」も46.3%が経験。



「不動産売却は『夫婦で相談』が50.8%。会社選びの決め手は信頼感」

不動産売却は、誰に相談しているのでしょうか?1位は「夫婦」50.8%、そして2位は「誰にも相談しない」が31.4%。同調査で単身世帯は10.4%のため、家族に相談しないで売却…というケースも中にはあるようです。つづいて、売却経験者が不動産会社を選んだ決め手を聞いてみると、「信頼できる営業担当」「地元の不動産事情に詳しい」が58.3%で同率1位になり、目先の「査定価格」よりも“信用や経験”を重視する、慎重派の姿がうかがえました。ちなみに最も重視した決め手をエリア別に比べると、関東エリアのみ「営業担当」がわずかに上回り、『人重視』の傾向が分かります。

   




「これから売却を見据える人は『ネットで調べてから動く』が主流に」
不動産を売却するために、具体的に行ったことをうかがってみると、「売却経験者」と「売却行動をした・意志がある人」で行動が大きく分かれました。売却経験者は「不動産会社と直接面談」という具体的なアクションが目立ちますが、これから売却したいと考えている人は「価格や流れをネットで調べた」58.8%、「ネットで査定依頼・問合せ」46.3%が突出。不動産会社へ行く前に、ネットで幅広く情報をリサーチしていることが分かります。




◇まとめ◇家電などの大きな買い物をする前にはネットで価格を調べる人が増えています。不動産売却においても、不動産会社に丸ごとお任せではなく、「自分で比較検討し、納得して決断する」というのが今後のトレンドになりそうです。



<調査概要>
■調査期間:2016年11月16日~18日

■調査手法:インターネット調査(ネオマーケティング調べ)
■集計数:「不動産売却の経験がある・意志がある」という30~60代の全国500人
※本リリースの転載にあたりましては「リビンマッチ調べ」という表記をお使いいただけますよう、お願いいたします。

  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 761

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら最短45秒の入力で、 全国1,400社以上の不動産会社が対応!

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧