2017年03月01日
鈴木

不動産売却は自分でできるのか?

鈴木

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter


所有している不動産を売却しようと考えた時に、自分でできないものかと思ったことがある方はいないでしょうか?不動産会社に依頼した場合は、仲介手数料の上限に決まりはあるものの、成約価格の3%+6万円+消費税とされていますので、意外にバカにならない金額です。多額の仲介手数料が「もったいない」という声も多く聞かれ、ためらっている方も少なくないかも知れません。

今回は、不動産売却は自分でできるのかを探っていきたいと思います。


答えは「できる」!


不動産会社を通さずに自分で売却することは、結論から言えば可能です。ただし、税務・法律・契約書の作成・登記の手続きなどの専門知識をしっかりと熟知している場合に限ると言ってもよさそうです。

親子間や親近者など顔見知りの場合はトラブルになることも少ないかも知れませんが、購入希望者が見ず知らずの他人の場合は、売買契約書などの様々な書類の不備、契約後や引き渡し後など思わぬ事故やトラブルに巻き込まれることにもなりかねませんので、事前によく検討してから進めましょう。



仲介手数料が気にならないなら専門家に任せるのが安心!



不動産売却を自分で行う最大のメリットは、仲介手数料が掛からない点です。

しかし、契約には宅建業法や民法などの法律的なことや保証、税務に関することなど様々な書類が必要になり煩雑な作業がありますので、トラブル回避の面から言えば安心料とも取れます。

大きな金額を扱うことになりますし、物件によっては権利関係などに複雑な条件が付いているケースもあるのが現状ですので、専門家に依頼すれば些細な行き違いで裁判や訴訟に発展することが避けられます。

また、専門家に依頼することは購入希望者からの信頼を得る一つの方法ともなりますので、仲介手数料が気にならないのであればやはり専門家に任せるのが安心と言えるでしょう。



土地や建物などの大切な資産を上手に売却するには、専門家に依頼する場合であってもある程度の知識をもってあたると、納得した売却が実現する可能性が高くなります。

不動産は自分でも売却ができますが、あらゆるリスクを考えて慎重になることが重要です。




















  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 231

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧