2017年01月16日
高橋知征

一戸建てや区分マンションは1-3月が売却のチャンス

高橋知征

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



年が明け、2017年に於ける不動産市場の動向が気になる方は多いでしょう。不動産価格は2012年頃から上昇が続いていましたが、2016年後半に一服感が出てこれまでの右肩上がりの上昇に翳りが見え始めました。


2020年の東京五輪までは高値が続くという予想がありましたが、今の不動産市場の状況を見る限り、それは期待薄でしょう。2017年は新築の売れ残りや、中古物件の在庫が増えることが予想されます。





毎年、1月から3月は移動時期


この時期は、転勤、進学、就職、などで人が最も異動する時期なので、賃貸だけではなく売買も取引が活発になります。何事も勢いに乗るというのは大切で、不動産の売買も例外ではないのです。


では何故、この時期に一戸建てや区分マンションが売却チャンスなのか。その理由は、この時期に住宅を購入する人に加えて不動産に投資する個人投資家の需要が増えるからです。

賃貸アパートや賃貸マンションの1棟物より、区分マンションや一戸建てへの投資の方が低リスクで始めやすいので需要が高まります。そういった考えの個人投資家が、この時期にマーケットの裾野を広げてくれるというわけです。





住居用だけではなく不動産投資のマーケットも視野に入れた戦略


あなたが所有する物件を購入しようと考えるのは、そこに住む目的の人ばかりではありません。あなたの物件を購入して、収益を得ようと考える投資家も有望なお客様なのです。


もちろん、どんな物件でも投資対象になるわけではありません。しかし、立地や周辺環境、間取り、価格などの条件次第で収益物件になるかもしれないのです。視点を変えれば、色々なアイディアが生まれて売却チャンスが広がる可能性があります。


たとえば、ファミリーで住むには今ひとつの環境や間取りだとしても、シェアハウスとして賃貸すれば収益が見込めることもあります。単に住居用として問題があっても、収益物件としてなら需要を創出できるかもしれないのです。


投資家の需要も視野に入れて、仲介を依頼している不動産会社に相談して広告や販売活動に反映してもらってみては如何でしょうか。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 670

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧