2017年03月17日
高橋知征

住み替えでダブルローンを組むのは危険?

高橋知征

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



住み替えは、今住んでいる住宅を売って新たに住宅を購入するわけですが、その際にダブルローンを組むのはあまりお勧めできません。では、どんなケースだとダブルローンを組むことになるのか、そしてそこに潜むリスクについてご説明しましょう。



住み替えの際の先売りと後売


住み替えをするには、今住んでいる住宅を売却するのが一般的です。その際、新居を購入する前に売却するか、新居を購入してから売却するかを選択する必要があります。


先売り、後売りとは読んで字の如くで、新居を購入する前に売却するのが先売りで、新居を購入した後に売却するのが後売です。


先売りだと売却額が分かっているので、新居を購入する際の資金計画が立てやすいというメリットがあります。しかし新居を購入して入居するまでの間、一時的に仮住まいをしなければならないケースが生じます。


後売りの場合は先に新居が決まっているので、仮住まいを強いられる心配はありません。しかし、今住んでいる住宅の売却額が未定なので、資金的な余裕がないと新居の購入計画が立てづらくなります。


先売りと後売のどちらが良いかはケースバイケースですが、問題なのは今住んでいる住宅にローン残債がある場合です。



ローン返済中の後売はダブルローンになる


今住んでいる住宅を売却するには、ローン残債を精算しなければなりません。ですので、先売りの場合、住宅ローンは新居の分だけということになります。しかしローン返済中に新たにローンを組んで新居を購入するとなると、ダブルローンになってしまいます。


二つのローンを返済するのは大変ですから、できるだけ早く売りたいと思うでしょう。そうなると、値引き交渉に応じざるを得なくなる可能性が出てくるわけです。もし予定より売却価格が安くなると、想定外の持ち出しを強いられることになります。


それでも売れれば何とかなるでしょうが、もしなかなか売れなければダブルローンの支払いを続けなければならなくなります。最悪の場合、せっかく手に入れた新居を手放すことにもなりかねません。


住宅ローンの残債がないとか、よほど資金的な余裕がある場合を除いて後売はリスクが伴うので注意が必要です。性格や考え方によって違うでしょうが、先売りの方が精神的には楽かもしれませんね。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 1018

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧