2017年03月17日
高橋知征

これから不動産投資をするなら「売却」に目を向けるべし!

高橋知征

  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter



不動産投資で安定した家賃収益を上げることは大事なのですが、出口で大きな売却損を出したのでは成功したとはいえません。そこで今回は「売却」に視点をおいて不動産投資について考えてみましょう。



不動産投資は出口戦略が重要


不動産投資では「出口戦略」が重要で、出口とは売却のことを指し売却した時点でその投資が成功したかどうかが決まります。要はどう上手く投資物件を売却してトータルでの利益を確定させるかです。


ということは、売りやすい物件に投資することで出口戦略が立てやすくなるわけです。とはいえ、売りやすい物件を見極めるのは簡単ではありませんよね。でも、購入層の幅が広い物件なら売りやすいということになります。



居住目的で購入されるような物件を狙う


不動産投資の初心者は、ワンルームの区分所有から始めるのが良いといわれています。でも、ワンルームを購入するのは、その殆どが個人投資家です。なので、買手が限定されますが、一戸建てやファミリータイプの区分マンションは一般の人も居住用に購入します。


購入して住みたいと思うような住宅は、それなりに住み心地が良い物件ということでもあります。そうであれば、賃貸派のユーザーも魅力を感じる可能性があるということになりますよね。


そういう物件は個人投資家に取っても魅力的ですから、購入層の幅が広がるというわけです。



価格の下落率と近隣の家賃相場


投資物件として選ぶ際に重要なのは、購入価格と家賃のバランスです。高額な物件は、家賃を高く設定しないと収益が得られません。それに賃貸、売買共にターゲットが限定されてしまいます。


物件を選ぶ際の目安は、一般的なサラリーマンが家賃と同程度の返済額で購入できる価格です。頭金なしのフルローンを組んでも、月々の返済額が10万円を切る物件であれば購入層の幅が広がるでしょう。


そして、大事なポイントが2つあります。それは、価格の下落率が低いエリアで、近隣の家賃相場がフルローンの返済額を大きく上回る物件を見つけることです。


  • line
  • facebook
  • twitter

閲覧数 574

  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産を高く売却するなら、
最大6社で査定額を見積比較!

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

最短45秒

本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧